ゴルフスイングの基本 未分類

【ゴルフ】スイング軸について学ぼう!

ゴルフ,スイング,軸

スイング軸で意識すべきポイントについて

解説:長岡プロ

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

※記事下に本編動画あり

スイング軸の説明をしたいと思います。

軸とは、皆さんいろいろ意識が違い、体の前の中央とか、顔とか頭、背骨、おへそだったり、いろんなところに意識を持ってスイングされてる方が多いようですが、軸は回転運動で、”背骨”っていうふうに意識をして欲しいんですね。

スイング軸は背骨を意識

で、ドライバーを今手にしていますけど、シャフトが背骨と見立てた場合、こういうふうになっている状態です。すると前から見たときに、ここが尾てい骨。首の付け根、そして背骨が前傾した状態で回転する。

そうするとくるくる回せます。けれど人は体の厚みがあります。背骨は背中側の後ろ側にあるので、ここに首があって頭があって顔は前側についてます。

もちろん両目でボールを見てますけど顔の位置は、ご覧になってわかるように、アドレスしている場所が少し回転することで右に動きますし、インパクトしてフォロースルーでは徐々に左側に動きます。

ですが顔の位置をスイング中に動かないように、ロックして体を回そうとすると途端に回らない。

それで体が硬く感じてしまう人が多いようです。ですけど顔は、スイング中に多少動いて構わないんだっていう意識を持ってみてください。

顔は動いても構わない

そうすると背骨に対してきれいに体が回せるようになると思います。顔の位置が絶対動かないぞ、という形で無理やり体を回してしまいますと、背骨が左に傾いた状態になってしまいます。

また、スイングしようとすると、打った後はフォロースルーで背骨が右に倒れ、こういうふうに背骨が左に沿ってしまいます。そしてまた、打った後仰け反ってしまいます。

こういう形ではしっかり右から左の体重移動もできませんし、体が起き上がってしまうので、トップしたりとミスもしやすくなってしまいます。

ですから、ここに顔の鼻の位置があります。そして後ろの背骨の軸に対して回転しますから、顔の位置はやや右に少し移動します。

そしてインパクトの場所では元の位置。多少振りぬいている間はビハインド・ザ・ボールを意識して振りぬく瞬間があるので残っている時間があるんですけど、フォロースルーからフィニッシュにかけては、顔の位置はどんどん前に出ていきます。

そうすることで、元々アドレスしたときの背骨のアングルを変えずにスイングすることが可能になります。また体重移動も”背骨”、軸に対して回転すると、自然に右足に主に体重がかかってきますし、背骨に対してまた回転すると、自然に左側に主にウエイトがかかってくると思います。

ただ、頭の位置をずっと動かさないようにスイングしようとすると、背骨が傾いてしまい結局軸ぶれしている状態で、いいスイングをしようとしても、中々軌道がずれてしまい、ミスが生まれやすいのでその辺を気を付けて練習されるといいと思います。

コントロールショットや、パンチショットを打ったり、少し低めにフォロースルーを押さえて、ライン出しのショットをしたりとか、そういう時にほとんど顔の位置は動かないでスイングするケースもありますけど、普通にフルスイングする場合は頭の位置は、少し右から左に移動します。

そうすることでちゃんと背骨に対して回転する格好ができます。その辺を今までの意識と、考え方を変えてやってみると、スムーズにバックスイングができるかもしれません。みなさんも、そういうところを意識してやってみてください。

管理人から

できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画

-ゴルフスイングの基本, 未分類
-, ,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5