ドライバーの打ち方

ドライバー&スイング【90を切るためのレッスン】 UT&Fw:岡村咲プロ

 

今回は、ボリューム満点です。岡村咲プロが【90を切るためのレッスン】を講義してくれました。いつも通り、動画ソースをテキスト化して学んでいきます。

黒文字:岡村咲プロ
青文字:ナレーター ナラヨシタカさん

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

90を切るためのレッスン

今週は、ユーティリティとフェアウェイウッドを取り上げます。まずは、ユーティリティです。基本的には、距離を出してくれる割にやさしいクラブです。

その恩恵をしっかり引き出せば、90切りのチャンスはさらに広がる、もっと積極的に使ってほしいクラブなのです。でも、ユーティリティの機能をうまく生かせていないアマチュアゴルファーは意外と多いのです。そこで今回は、ユーティリティの基本をレッスンします。

気軽にユーティリティを使おう

アマチュアゴルファーによくみられるのが、少しでも距離を出したいとき、ライが悪くても傾斜地であっても、5番アイアンなど難しいクラブで打ち、しっかりヒットすることができずにミスをするケースです。つまり、状況に全く合っていない無理なクラブを選び、自らミスを招いているのです。

傾斜地でのショット。アマチュアゴルファーは、難しい状況にもかかわらず5番アイアンなど無理なクラブを選択し、しっかりヒットできずにミスショットしてしまう。

90切り・スコアアップユーティリティ

難しい状況で威力を発揮するのが、ユーティリティです。ウッドのように飛距離を出してくれ、アイアンのように扱いやすく、ボールをあげてくれるので積極的に使ってほしいクラブなんです。

ユーティリティの基本的な打ち方。ボールの位置は左足かかとから10cm内側。スタンス幅は肩幅。スイングはもちろん、ウェッジと同じで力まずボディターン。しっかりフィニッシュまで振りぬきます。

ゴルフで大切なのは、駒を確実に前へと進めるイメージでプレイすること。そのためには、ライなどの状況が少々悪くても、しっかり対応してくれる『何でも屋さん』のユーティリティを気軽に使ってくださいね。

悪いライや傾斜地など難しい状況で使いたいのがユーティリティ。ボールの位置は左足かかとから10cm内側。スタンスは肩幅の広さ。スイングは力まずボディターン。しっかりフィニッシュまで振り切る。この基本を身に着ければ、あらゆる状況に対応でき、90切りを手伝ってくれる力強い味方となる。

やさしい割にボールを高く上げ、距離も稼いでくれるユーティリティ。使わない理由が見当たらない万能なクラブですが、「アイアンやフェアウェイウッドはうまく打てるのにユーティリティは苦手」というアマチュアゴルファーは意外と多いのです。でも、ユーティリティをはじめ、ウェッジもアイアンもまた、フェアウェイウッドやドライバーも打ち方は同じです。

フェアウェイウッドを嫌わないで

90を切れないでいるアマチュアゴルファーの共通点。それは、フェアウェイウッドで度々ミスショットをしていることです。皆さんが思っている通り、フェアウェイウッドは難度の高いクラブです。にもかかわらず、プレイに必死なため、打ってはいけない状況であってもおかまいなく打ち、ミスしているケースが目立ちます。

フェアウェイウッドで打ってはいけない状況は、ライが悪い場所、そして傾斜地なんですが、特にボールが少しだけ沈んでいるライや見た目にわからない傾斜がある場所など、自分が気付かない場所で使ってミスしてしまうのです。

フェアウェイウッドを苦手にしているアマチュアゴルファーは多い。それは、フェアウェイウッドを使ってはいけないライや場所で手にしているのが主な原因。そんな状況では難度が上がり、ミスショットの確立が高くなる。

90切り・スコアアップフェアウェイウッド

フェアウェイウッドの基本的な打ち方。ボールの位置は、左足かかとからボール2個分内側。スタンス幅は肩幅の外側。スイングはウェッジと同じでゆったりしたテンポで振りぬきましょう。

そしてフェアウェイウッドで打ってもいい場所は、まずティーインググラウンド。ティーアップしたボールを打つのに適したクラブです。そしてフェアウェイ。ただし条件があります。1つ目は、傾斜がなく平坦であること。

2つ目は、ライが良くボールが浮いている状態であることです。フェアウェイウッドはほんの少しライが悪いだけでミスをしてしまうクラブです。なので、使える条件に合っているかどうか傾斜の具合やライの状態を細心の注意を払って見極めましょう。

フェアウェイウッドを使ってもいい場所は、ティーインググラウンド。フェアウェイの平坦な場所でボールが浮いている状態のライ。傾斜やライをしっかり見極めさえすればフェアウェイウッドは90切りの心強い味方になってくれる。積極的に使いこなそう。

皆さんが思っているほど、フェアウェイウッドは難しいクラブではありません。使える状況か使えない状況かを正しく判断すれば、ミスすることなく打てるんです。

ライの状態や、平坦であるかどうかは、その場にいかないとわからないので、フェアウェイウッド1本だけではなく、ユーティリティも必ず持っていくようにしてください。そして、状況をしっかり見てクラブを選びます。

状況が悪ければユーティリティを選び、良ければフェアウェイウッドを積極的に使っていただきたいのです。またティショットもフェアウェイウッドの性能を十分に生かせるので、どんどん使ってほしいです。『ティショットはドライバー』という固定観念を捨ててぜひ試してください。

フェアウェイバンカー・何で打つ

今回はフェアウェイバンカーです。90を切れないアマチュアゴルファーによくみられるのが、バンカーというだけでウェッジやショートアイアンを選ぶ方です。

そもそもフェアウェイバンカーではフェアウェイウッドやユーティリティを使っていいのかわからない方が結構いるのです。また、逆にフェアウェイバンカーで距離があるからといって当然のようにフェアウェイウッドを使って、アゴに当てたりラフったりと、ミスしている人も見られます。

90を切れないアマチュアゴルファーの中にはフェアウェイバンカーでフェアウェイウッドやユーティリティを使っていいのかわからずウェッジやショートアイアンを選択する人が多い。これではせっかくバンカーのライが良くても距離を稼げないショットになってしまう。逆にライが悪いのに距離を稼ぎたいからと言ってフェアウェイウッドを使う人もいる。これではミスの確立が非常に高くなる。

90切り・スコアアップUT&Fw

ずばり、結論から言うと、フェアウェイバンカーではユーティリティもフェアウェイウッドも使ってかまいません。プロも使っています。ただし、使うには条件があります。アゴが低いこと。ライの状況が良いこと。ボールが沈んでいないことです。

傾斜であってもOKですが、私の場合は少々のつま先下がりは打ちますが、つま先上がりは打ちません。また、少々の左足上がりは打ちますが、左足下がりは打ちません。

つま先上がりはラフりやすく、左足下がりはボールが上がりにくく難度が高いからです。このように、状況を見極めればフェアウェイバンカーでも、ユーティリティやフェアウェイウッドは大きな武器になります。スコアメイクに役立てましょう。

フェアウェイバンカーで、フェアウェイウッドを使う条件はアゴが低いこと。ライが良いこと。岡村プロは傾斜的につま先下がりは打ってもOKだが、つま先上がりはラフりやすいため打たない。

左足上がりは打ってもOKだが、左足下がりはボールを上げにくく、難度が高いため打たない。このような状況判断ができればフェアウェイバンカーでも、フェアウェイウッドやユーティリティが大きな武器となる。スコアメイクに役立てよう!

フェアウェイバンカーに限らず、様々な場面においてしっかり状況を見極めクラブ選択をしてください。最も適したクラブで打てば、ミスの確立が減り、それがナイスショットにつながります。また、クラブの特性を知り、それを生かすことで選択肢を増やすことができ、プレイの幅が広がります。その結果、90切りのチャンスが増えるのです。

フェアウェイウッドはサンドウェッジでチェック

今回は、フェアウェイウッドのミート率を上げるレッスンを行います。使うクラブは、フェアウェイウッドではなく、サンドウェッジです。そもそもサンドウェッジは体打ちを最も体感できるクラブなんです。

逆にフェアウェイウッドやドライバーのように、クラブが長いほど体打ちが体感しづらくなり、手打ちのトラップがたくさんあります。まずは、サンドウェッジでしっかり体打ちを意識しながらボールを打ちます。

ポイントは、小さく前にならえの状態をイメージして、体幹をフルに使ってスイングすることです。次に、その体打ちの感覚を持ったまま、フェアウェイウッドで打ちます。サンドウェッジと同じように、体打ちで打てたかどうか、チェックしてください。

そして、サンドウェッジ、フェアウェイウッド、サンドウェッジと交互に打ち、同じ感覚であることを確かめるのが効果的な練習です。しっかり体打ちで打てれば、フェアウェイウッドのミート率が上がります。ぜひ、取り入れてください。

フェアウェイウッドのミート率を上げる練習法。まず、サンドウェッジでしっかり体打ちを意識しながらボールを打つ。ポイントは、小さく前にならえの状態をイメージして体幹をフルに使ってスイングすること。次に、その体打ちの感覚を持ったまま、フェアウェイウッドで打つ。

こちらも、体で打てたかどうかチェックする。そしてサンドウェッジとフェアウェイウッドを交互に打ち、同じ感覚であることを確かめるのが効果的な練習となる。これで、フェアウェイウッドのミート率をあげよう。

14本で戦おう

ユーティリティやフェアウェイウッドを十分に使えていないアマチュアゴルファーは多い。再三そうお伝えしてきました。実は、そうした人はこの2本に限らず14本のうち、10本位しか使えていないのかもしれません。

大切なのは、クラブ1本1本の性能を知り、その性能をうまく引き出し14本を駆使して戦うこと。言い換えれば、14本総動員でラウンドすることなのです。「どうせ打てない」とか「どうせミスしてしまう」という、苦手意識から全く使わないクラブがあるのは、とてももったいないこと。14本すべてを味方にすれば、戦略・マネジメントの幅が広がります。

そしてクラブの選択や自分のプレーも幅が広がります。それがスコアメイクにつながり、90切り、そして次の80切りへと先々につながっていくんです。

悪いライや傾斜地など難しい状況で威力を発揮するユーティリティの基本の打ち方。ボールの位置は左足かかとから10cm内側。スタンス幅は肩幅の広さ。力まずボディターンで振り切りフィニッシュでしっかり止まる。機能を引き出せば、困ったときに救ってくれる心強い相棒になってくれるはず。

しっかりと状況を見極めて使えば、飛距離を稼いでくれてスコアメイクに欠かせないクラブ、フェアウェイウッド。基本の打ち方。ボールの位置は左足かかとからボール2個分内側。スタンス幅は、肩幅の外側の広さ。ゆったりとしたテンポで振りぬく。打っていい状況はティーインググラウンド。フェアウェイの平坦な場所とボールが浮いているライ。

この2本をはじめ、大切なのはクラブ1本1本の特性を知り、その性能を引き出し、14本すべてを駆使して戦うこと。クラブ総動員で90切りを目指そう。

岡村咲からのメッセージ

私はコースによってクラブ14本のセッティングを組み替えています。例えば、砲台グリーンが多いコースだったら、高さを出したいので3番ユーティリティを7番ウッドに変えています。

また、風が強いコースだったら球をあまり上げたくないので、4番ユーティリティを4番アイアンに変えたりしています。このように、そのコースに対応して有利なクラブを選んでいるのです。

プロはクラブ14本すべてを駆使することを重視しています。自分が回るコースを知り、それに応じてクラブセッティングを考え、14本すべてを動員して戦う。その先にはきっと、90を切る日があるはずです。

まとめ

というわけで、今回はUT&Fwについて説明させていただきました。練習を継続すれば必ず上達しますよ。
そうなれば自分にとっても大いに刺激になると思います。

また、できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画

-ドライバーの打ち方
-, ,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5