ゴルフ初心者入門

【ゴルフ】トップの原因と直し方を解説!

ゴルフ,トップ,原因

トップの原因と直し方についてプロが解説!

解説:長岡プロ

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

※記事下に本編動画URLあり

トップしてしまう原因と直し方の練習ドリルを紹介したいと思います。アドレスをして、コースに行ってトップが多い人は、単純にバックスイング上げてヘッドアップ、目標を早く見てしまう。

このときの原因は、体の動きとして前傾姿勢が早く目標を見てしまうことで左サイドが早く上がってしまう。体が伸びあがりますから腕がしっかり伸びてきても届かずにトップ。ごろごろ…っていうパターンが多いです。

ポイントは、ヘッドアップ・左サイド・上から

ですからしっかりヘッドアップせずに、左サイドしっかり踏み込む形をとって、上からしっかり打ち込んでいくっていう意識を強く持たれるといいと思います。

この左サイドがバックスイングで、ここからこういうふうに、切り返しで左肩が上がってしまいますと、一生懸命手を伸ばしても届きません。ですから前傾姿勢に対して肩のラインが入れ替わるようにスイング。

右肩が高い位置からボールに対してぶつけていくっていうイメージを強く持たれると、程良くダウンブローでしっかり上から叩いていく形が身に付くと思います。

練習場などでいっぱいやってほしいんですけど、左足のつま先にボールを踏みます。

そしてこのボールを、強く地面に対し踏んだ状態で、スイングをしていく。特にダウンスイングに入ったときに、このボールを強く踏みつけていくような意識で打ち込んでいってやると前傾角度が起き上がらず、しっかりと低く長いインパクトがとれるようになってくるので。

こういうところにですね、ボールを踏んづけた状態。ちょっと一回やってみます。

※実践

こういうふうにですね、左にしっかり踏みつけている状態。これが、ダウンスイングで左のかかとに体重が乗るのが速すぎ、つま先が極端に言うとめくれてボールを踏んづけてないような状態になると、左肩が上に上がる。

この形が早くなってしまうと手を伸ばしても届かないので、トップ気味にボールが薄い当たりになりやすいです。

しっかり踏みつけて打っていくっていう練習をですね、練習場などで強く意識して普段やると、トップ気味ではなくてしっかり厚く入れたインパクトができるようになってくると思うので、皆さんもぜひ試してみてください。

管理人から

できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画URL

-ゴルフ初心者入門
-, ,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5