アイアンの打ち方

ショートアイアンの打ち方動画【90を切るためのレッスン】解説:岡村咲プロ

90切りレッスン ショートアイアンの打ち方

今回は、ショートアイアンの打ち方を、【90を切るためのレッスン】で解説しています。記事下の動画も一見の価値ありですが、時間がない人のためにテキスト化いたしました。文章で読んで理解し、そのあと動画を見れば非常に身に付きやすいです。ぜひ、学んでいってください。

黒文字:岡村咲プロ
緑文字:ナレーター ナラヨシタカさん

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

一週目は、ショートアイアンをレッスンします。なぜ最初にショートアイアンをテーマにしたのかというと、使う頻度が最も多いこと、そしてスコアの良し悪しを左右するクラブであるということです。難度がそれほど高くないと思っている人もいるかもしれませんが、だからこそそこでミスが出ると、スコアメイクもままなりません。90を切るためにはぜひ、おさえておきたいクラブなのです。

ショートアイアンの基本

8番や9番のショートアイアン。アマチュアゴルファーのほとんどが、手を使ってボールをすくい上げるように打ってしまいます。このためフィニッシュで止まれないスイングになり、トップやダフリ、ボールが上がりすぎてショートしてしまうなどのミスが出てしまうんです。

また、アマチュアの皆さんに多いのが、スタンスを広くとっているケースです。これだと、どうしても体の回転がうまくいかないスイングになり、これもミスを招いてしまうのです。

ショートアイアンでボールをすくい上げるように手を使って打つと、フィニッシュで止まれず、トップやダフリなどのミスが出てしまう。また、スタンスが広すぎると体がうまく回転できず、こちらもミスを招いてしまう。

90切り:スコアアップショートアイアン

ショートアイアンの基本の打ち方です。ボールの位置は左足かかとから10cm内側。スタンス幅は肩幅の内側に両足が入るくらい。続いてインパクトの形。しっかり左足に体重をかけ、ハンドファーストで打つこと。手を使わずに、ボディターンで打つのがポイントです。

低いボールを打つ感覚なので、しっかりと体を左にターンさせることが大切です。そしてフィニッシュはしっかりとること。すくい上げるように打っていると、体重が右に残り、フィニッシュはとれませんよね。

プレーヤーがあれこれするのではなく、クラブが勝手にボールの高さを出すようにすることが肝心。こうした、ショートアイアンの基本をちゃんと身につければ、トップやダフリなどのミスが確実に減るはずです。

ボールの位置は、左足かかとから10cm内側。スタンス幅は、肩幅の内側に両足が入るくらいの広さ。インパクトの形は、しっかり左足に体重をかけ、ハンドファーストをキープ。手を使わず、ボディターンで打ち、しっかりフィニッシュをとるのがショートアイアンの基本。

ショートアイアンを使う際に心に留めてほしいのは、やさしいクラブだと思わず、気を引き締めること。打ち急いだりせず、気持ちを落ち着かせること。ベタピンのナイスショットの必要はありません。そして何よりも重要なのは、基本のスイングを確実に行うこと。こうしたことを心がければ、しっかりグリーンに乗せられて、90を切れる日もそう遠くはないはずですよ。

引っかけをなくそう

90を切れないでいるアマチュアゴルファーによくみられるのが、ラフや傾斜地でショートアイアンをミスして、スコアを崩してしまうケースです。理由は、8番アイアンや9番アイアンなど、ロフトがあるクラブは引っかけやすいこと。

また、ボールを左に置いていることも引っかけの原因となります。基本となる、左足かかと10cm内側。それよりも左にボールを置いてしまうと、ラフでは芝を噛んでヒットし、左に飛んでしまいます。また、傾斜地ではより大きなミスにつながります。

90を切れないアマチュアゴルファーは、ラフや傾斜地でショートアイアンをミスして、スコアを崩してしまうことが多い。その理由が、ロフトのあるクラブは引っかけやすいということ。また、ボールを左に置くことも引っかけの原因となる。

ショートアイアンの基本となる左足かかとから10cm内側より、左に置くと、ラフでは芝を噛んでボールにヒットし、左に飛んでしまう。また、左足上りの傾斜地では、フェースが返った後にボールにヒットしてしまい、引っかけて左に飛んでしまう。

ラフや、傾斜地からのアイアンショット。皆さんにぜひ行ってほしいのが、基本の左足かかと10cmより右にボールを置くことです。私の場合、左足かかと10cmにボール1個分をプラスします。

これはショートアイアンだけではなく、サンドウェッジでもミドルアイアンでも同じことが言えます。ラフや傾斜でも比較的影響を受けずにボールをヒットできるので、ショートアイアンの引っかけがグーンと減ります。ぜひ、試してみてください。

ラフや傾斜地での引っかけ防止法。基本となる、左足かかとから10cm内側の場所から、さらに右にボールを置くこと。岡村プロの場合は、ボール1個分右に置いている。これで、ラフや傾斜地の影響をあまり受けずにボールをヒットでき、引っかけのミスが減る。ラフや傾斜地では、基本の位置からボール1個分右に置いて対処しよう。

前回もお伝えしましたが、「残り100ヤードでショートアイアンだから、ピンにピタリと寄せよう」という意識は必要ありません。ショートアイアンで大切なのは、距離にとらわれず、ラフや傾斜地、バンカーなど、自分が置かれた状況を総合的に判断すること。

そして、その状況に応じて高望みせずに自分が最低限できる範囲でベストを尽くすことです。難度がそれほど高くないクラブだからこそ、ミスをしないようにする。これが90を切るショートアイアンの極意。ぜひ試してみてください。

自分の距離を知ろう

ショートアイアンで打つたびに、ショートしたり、オーバーしたりと距離がばらついて、グリーンに乗せられない。90を切れないでいるアマチュアゴルファーには、そんな悩みを持っている方がとても多いのです。

例えば、9番アイアンで120ヤード飛ばせると思い、実際に120ヤード飛ばせるのは、10球中1球なんていうケースも、珍しくありません。同じクラブなのに、コンスタントに同じ距離が出せない原因は、そのクラブで1番飛んだ、MAXの飛距離を覚えていて「このクラブだったらこれだけは飛ばせる」と思い込み、そのイメージのまま打っていることです。

そして大きな原因が、クラブを振り回していること。つまり、多くの方が毎回MAXのスイングをしているのです。これではミスも出やすくなります。

ショートアイアンの飛距離がばらつく悩みを持つアマチュアゴルファーは多い。原因は、そのクラブで1番飛んだ時の飛距離を、自分の飛距離と勘違いしていること。さらに、毎回クラブを振り回し、MAXのスイングをしていることも飛距離がバラつく原因の1つ。当然ミスも出やすくなる。

同じクラブで毎回同じ距離を出すには、フルスイングではなく7割のスイングで、コンスタントに同じ距離が出せるようになるまで練習すること。そして同じ距離が出せるようになったら、それが自分にとってのそのクラブの飛距離の目安となります。

このように、ピッチングウェッジなら100ヤード、9番アイアンなら120ヤードと、クラブごとに自分の距離のアベレージを掴んでいきます。すると実際のコースでも、練習通りの距離を飛ばせるようになります。クラブごとのアベレージの距離をしっかり身につけ、状況に応じて確実に届くクラブを選択する。このことを肝に銘じて、90切りを目指してください。

フルスイングではなく7割のスイングで、コンスタントに同じ距離が出せるようになるまで練習する。その時の飛距離が、そのクラブのアベレージとなる。そして、クラブごとのアベレージの距離を身につければ、実際のコースでも距離に合ったクラブを選択できるようになる。

コースの距離表示が、エッジ表示なのかセンター表示なのか、皆さんそれを踏まえたうえでプレイしていますか? せっかくクラブごとに同じ距離を出せるようになっても、プレイ前にコースの距離表示を把握しておかないと無駄になってしまいます。

また、思っていたほど距離が出せなかった場合、キャディーさんのせいにするのではなく、自分のどこに原因があるのか考えてみてください。大切なのはコースを知り、己を知ること。人のせいにしていたら、いつになっても進歩しませんよ。

自分の距離を作る練習法

前回は同じクラブを7割のスイングで打ち、コンスタントに「これだけは飛ばせる」という距離のアベレージをみつけてくださいと、お伝えしました。今回は、それを身につける練習法をお教えします。プロのスイングは無駄がなく、軽く振っているように見えると、よく言いますよね。

でも、プロは決してゆるく打っているわけではありません。私の場合、体幹でグッと耐えられるところで打っています。実はこれが7割のスイングなのです。マン振りなど、手や腕を使う、力任せのスイングと違って、7割のスイングはバランスがとてもいので、軽く振って美しく見えるのです。

では、7割のスイングとはどういうものなのか? その感覚をつかめる方法をお教えしましょう。それは、笑顔で打つことです。私の場合、ボールを打つとき「口が空いてるね」とよく言われます。

しかし、こうすることで体がリラックスした状態で、バランスの良いスイングができるのです。この時の感覚を練習を身につければ、7割のスイングができるようになり、結果自分の飛距離を作ることができるんです。

自分の飛距離は7割のスイングで作る。岡村プロがすすめるその7割のスイングの感覚を掴む方法は、笑顔でボールを打つこと。そうすれば体がリラックスした状態となり、バランスの良いスイングができる。この練習を積み重ねれば、7割のスイングができるようになり、自分の飛距離が身につく。ぜひ、お試しあれ。

ショートアイアンで90切り

今回のテーマ、ショートアイアンで90切り。というと「え、ドライバーじゃないの?」と思われる方いらっしゃいますよね。でも、これは決して大げさな表現ではありません。お伝えしてきたショートアイアンの基本をしっかりと身につけ、コースで忠実に実践さえすれば90を切ることは驚くほど簡単にできます。

「そんなこと信じられないよ」と思われる方もいますよね? では、どういうことかお見せしましょう。状況が違っても基本的な打ち方は変わりません。状況に応じて特別難しいことをする必要はないのです。

つまり、ショートアイアンをきちんと打てるようになれば、ロングアイアンやフェアウェイウッド、そしてドライバーも同じように打てるようになります。結果、90を切れる可能性がグーンとアップするのです。

90を切るために使いこなしたい、ショートアイアン。ボールの位置は、左足かかとから10cm内側。スタンス幅は、肩幅の内側に両足が入るくらいの広さ。インパクトで左足に体重をのせ、ハンドバーストをキープする。手を使わずボディターンでスイングし、フィニッシュをしっかり取る。

この基本をしっかりと身につけ、ラフや傾斜地では、ボールを1個分右に置けば、引っかけミスも防ぐことができる。あとは練習で7割のスイングを身につける。笑顔でスイングすれば、リラックスした状態をキープでき、7割のスイングができるようになり、自分の距離もわかる。

クラブごとに自分のアベレージの飛距離を把握すれば、コースでも距離の合うショットが打てるようになる。さあ、ショートアイアンを駆使して90切りを目指そう!

岡村咲からのメッセージ

5回にわたって90を切るためのショートアイアンのレッスンを行ってきました。ショートアイアンに限らず、あらゆるショットでプロは常に先のことを考えています。ショートアイアンを打つ場合は、バーディをとるというのではなく、バーディパットが打てる状況をいかに作るかを大前提に考えます。グリーンに乗せられないとバーディなんて取れませんよね。

アマチュアの皆さんは、目先の状況にとらわれ、バータル的(15:46)なプレイをすることが多いのです。例えば、ショートアイアンを使ってグリーンを狙う際、グリーン周りにコンスタントに運べれば、90切りの確立は飛躍的にアップします。

逆にミスをすれば、どんどん90切りのチャンスは遠ざかってしまいます。『ショートアイアンを制す者は、すべてのクラブを制す』この言葉を胸に刻んで、90切りを目指してください。

管理人から

できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画

-アイアンの打ち方
-, ,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5