ゴルフアプローチの打ち方

ゴルフ ランニングアプローチの打ち方を長岡プロが徹底解説!

ランニングアプローチ,打ち方,ゴルフ

アプローチショットレッスン、ランニングアプローチの打ち方

解説:長岡プロ

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

※記事下に本編動画あり

アプローチショット。アプローチショットと言ってもですね、いくつか種類があります。
そのうちの一つ、ランニングアプローチというショットの打ち方の説明をしたいと思います。

ランニングアプローチ、状況はどういうときに使うかと言いますと、バンカー越え、もしくは上げる状況ではない、比較的転がして寄せていけるような状況のときになるべくランニングアプローチを多用すると結果寄る確率が高くなると思います。

基本アプローチと言ってもですね、球をフワッとやわらかく上げて、キャリーをある程度出して止めるっていうショットよりも、パターの次に考えられるのはアプローチウェッジ、もしくはピッチングウェッジ、9番アイアンなどで低く転がしてパターのようにラインを出して寄せていくっていうショットのことを言います。

で、そのときの、簡単に打ち方を説明したいと思います。
イメージ的にはですね、ランニングアプローチと言ってももちろん5ヤード10ヤード15ヤード20ヤードともちろん距離がありますけど、基本あまりキャリーをさせずにその後転がして寄せていくっていう形です。

なので、スタンスのこの幅を大きくとる必要はありません。スタンスの幅を狭くとります。
で、フィーリングを出してアプローチは基本打ちますから、左足を少し、つま先をですね、若干右足のつま先に対してはやや後ろに少し引いても構いません。

ただ、あまりにつま先の向きをこう目標方向にですね、正面ではなくて時計で言うと11時・10時のほうにあまりにも向けてしまうんではなくて、ほとんどスクエアな感じでただ左足を若干引いてやるっていう程度で構いません。
そして両膝を少し”くの字”に目標側にちょっと寄せます。

で、ボールの位置はですね、まあ番手だったりランニングアプローチと言ってもやわらかく打つときなどには真ん中。
最初から少しピュッとボールを打ち出してですね、ちょっとランを多めに転がすときなどでは、右足寄りにボールを置いたりする。

ここではランニングアプローチでどちらかというと右足寄り側にボールを置いたショットでちょっとやってみたいと思います。

グリップを握る場所は、ここではなくて左足の付け根の前で構えますから、このシャフトが少し左に傾くような形になります。
でそのときにですね、クラブのフェースを開かないように、まっすぐ向けた状態でグリップエンドを左側に持ってきます。

ロフトが、アプローチウェッジを今持っているんですけどロフトが立つような形になります。
そして、ここでグリップ。そのときにですね、右腕とクラブで出来る”くの字”の角度、この形をアプローチ、ランニングアプローチに限らずピッチ&ランでもそうですけどこの形を変えないように振るっていうのが基本になってきます。

そして、ここからですね、無理にコックを使ったりするわけではなくて、このままパターを振るような形で低く引いて低く打ち出してやる、っていうイメージです。
そして体重のかけかたとしては、6対4もしくは7対3、左に多めに体重を乗せておきます。

このときにですね、肩の高さ。これは、球を上げようとするショットを打とうとしているわけではないので肩の高さは平行、もしくは左肩が下がるくらいの格好で構えるイメージを持たれるといいと思います。

こういうふうに、球を上げようとする格好でランニングアプローチしようとしますと、イメージと構えているこの格好のイメージが合っていませんので、ダフったりトップしたりミスをしやすいです。

左肩を下げた状態で構えます。そして左足ウエイト。
かなりハンドファーストに構えているように感じると思いますが、この状態で低く引いて、手首の角度を変えないように打つ。
打った後もフェースを反さないように気をつけましょう。ちょっとやってみます。

ランニングアプローチの打ち方を実演

今みたいにまっすぐ後方に引いて、インパクトで打ち込もうとするわけではなくて払うようなイメージで角度を変えずにここでストップです。後方から見たときに、インサイドにクラブを引かないようになるべく後方にまっすぐ引くようなイメージを持ちましょう。

どちらかというとインサイドに入ってしまうよりは、少しまっすぐ、もしくは若干外めに上げるぐらいのつもりがあると、より、クラブのヘッドはコックを使っているわけではないですけど上から入ってきますからミスが減ると思います。

そういう形でなるべく転がせるような状況のときには転がせて寄せていくって言う選択をまず1番に考えることが大事だと思います。

まとめ

というわけで、今回はランニングアプローチの打ち方について説明させていただきました。練習を継続すれば必ず上達しますよ。
そうなれば自分にとっても大いに刺激になると思います。

また、できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画

-ゴルフアプローチの打ち方
-, ,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5