ドライバーの打ち方

松山英樹【動画】 ドライバー、スイングを松山先生から学ぶ!

松山英樹,動画

ドライバー、スイングについて:松山英樹【動画】

解説:芹澤プロ

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

※記事下に本編動画あり

一番見てほしいのはですね、ボールからちょうど耳の横ですね。左の耳の横のラインを引いていただければわかるんですが、アドレスが少しボールより中ですね。

これは一番大事なとこですね。手が腰まで行った時、右足のもものこのシワ、壁ですこれが。彼は本当に下半身の強化によってここに壁ができるようになったんです。

それにより背中、バックスイングがトップまで上がります。下半身はまだ30度くらいしか動いてないのに、上半身は90度動いてますね。

そして上と下の捻転のキレですね。そこのニットがちょっと絞られているのがわかりますね。このシワが出ている部分が背筋を使っているということです。これがトップスイングですね。

その時に下半身が45度くらいです。肩は90度ちょっと回ってます。その分、上と下の捻じれが出来ているということです。この時の下半身の踏ん張りというのはすごいですよ。

下半身を強化すれば上と下のこの捻転が強く使えます。特徴的にはまずここからの切り返し。

よくトップの間と言いますが、手の位置があまり変わらないまま、ここです。この踏ん張りで下半身がもうボールを打ちに行ってます。その時に、本来アマチュアの方だと上体が突っ込んでしまうんですが、彼はこの位置から全く動かず、ほどけたものを一気にインパクト。この時、顔の位置が全く動いてないですね。

これが理想のビハインダーボールです。そして右足を蹴ってフォロースルーをより大きく出す。そしてフィニッシュで一気に行って止まれるという。体幹が強いとフィニッシュもこれだけ振っても止まるということですね。

ですから、アマチュアの方でフィニッシュが止まらないっていうのは、自分の体幹よりも無理して打ってるってことですね。

スイングプレーンを変えない

後方からですが、一番見てほしいのは彼のバックスイングで上げていく軌道、要するにスイングプレーンですね。そのスイングプレーンが、ダウンから切り替えまで一度も変わらないってことですね。

顔の位置も全く動きません。この時、レーンが変わってませんね。で、トップスイングで上げていきます。ここトップですね。で、さっき正面から言いましたけど、この手の位置が一瞬止まって、もう一瞬沈んだ感じですね、その時に下半身はもう左へ振ろうというターンをします。

本来、アマチュアの方だとこのトップスイングで手がちょっと上から来たりインサイドから来たりします。松山選手の場合は同じとこを通ってきますね。手の位置が上げたときと同じとこを通ってきますね。そしてそのまま顔の位置は全く動かずインパクトを迎えてます。

後ろから見てもわかるように顔がこれだけ残ってるわけですよね。で、その右の蹴りがしっかりできてますから、左にフォローする行動が大きくなるんですね。一言で言って、素晴らしいです。

正面と後方を見ていただきましたけど、松山選手のスイングの素晴らしさっていうのはスイング軸の中が本当に動いてない。

それとやっぱり軸が動かない、イコール、スイングプレーンが一定だということですね。これはアマチュアの方も一緒です。自分のスイング軸があれば、松山君まではいかなくても同じリズムで打てますから、ぜひスイング軸とスイングプレーンを大事にしていただければ、松山君に近づけるんではないでしょうか。

管理人から

ということで、さすが松山英樹ですね。また、可能な限り早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画

-ドライバーの打ち方
-,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5