ゴルフ初心者入門

高麗グリーンの特徴~攻略法はこれだ!

 

現在、ゴルフ場で使われているグリーンは、大きく分けると高麗(こうらい)グリーンとベントグリーンの2種類があります。それぞれ特徴があり、攻略のしかたも大きく違ってきます。ここでは、より高度なテクニックを必要とする高麗グリーンについて説明しましょう。

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

和芝と洋芝の2グリーンのコースが増えている

高麗グリーンは、本州から九州にかけて砂地などに自生する日本在来種(和芝)です。耐湿性があり、高温多湿の日本の風土に適しているのですが、寒さに弱いため高地や北海道では生育しません。

 

昭和初期にオープンしたゴルフ場では高麗グリーンが用いられていました。しかし、冬場は枯れてしまうことや管理の手間がかかることなどから、暑さには弱いが寒さに強いベントグリーン(洋芝)を導入して、季節に応じて2グリーンを使い分けるゴルフ場が増えてきています。

 

最近はベントグリーンの品種改良が進んで、1年中ベントグリーンを用いるコースも出てきましたが、フェアウエイやティーインググランド、ラフなどには和芝を用いているところが少なくありませんから、高麗グリーンの特徴と攻め方のポイントを押さえておきましょう。

高麗グリーンの特徴は

高麗グリーンは葉幅によっていくつかの種類があり、ゴルフ場で用いられるのはもっとも葉幅が細い「姫高麗」です。

 

芝目が強い

高麗は葉と茎が一定方向に生えそろうのが特徴で、それによってベントグリーンにはない「芝目の強さ」を作り出しています。

 

高麗は生育が早いため年中刈り込む必要があるのですが、刈り込むとその強さが際立ち、「たわし」とか花を生ける「剣山」にたとえられるほどです。そのため、硬いボールが乗ると浮いた状態になります。

 

順目と逆目

グリーン全体を見渡したとき、緑が薄く、白っぽく見えるのは「順目」で、緑が濃く見えるのは「逆目」です。

 

また、芝は海に向かって順目になるという性質があります。シーサイドコースでプレイをするときは、海に向かって打つときは順目、山側に向かって打つときは逆目になると覚えておくといいでしょう。

 

ボールを順目方向に打てば転がりやすい分、オーバーしやすくなります。一方、逆目方向に打てば抵抗が大きく、思うように飛びません。これを「芝がきつい」「グリーンが重い」などと表現します。

高麗グリーンではこうして攻める

芝目の強さが特徴の高麗グリーンでは、ボールを押すのではなく、ラインをつぶす感じで強く攻めるのがポイントです。

 

◆打つというより叩く感じで

ボールを強く転がすには、重いヘッドで押すように打つよりも、軽めのヘッドで叩くイメージで打つ方法、いわゆるパンチを入れる打ち方が適しています。

 

重いヘッドは反発力は強いのですが、操作性が悪く、ストロークのスピードをあまり出せません。対して軽いヘッドは、手首を使って瞬発的に力を入れやすく、スピードを出しやすいため、高麗グリーンでは有利になります。

 

パターのロフト角も重要

もう一つ大事なことは、パターのロフト角(傾斜角)です。ボールを転がしたいときはロフト角は小さいほうがよいといわれますが、高麗グリーンでは大きいほうが向いています。

 

理由は、ロフト角が小さいと打ち出した直後に芝目の影響を受け、ボールが曲がりやすくなるからです。とくに逆目の場合はまっすぐ転がすことは不可能です。

 

ロフト角が5~8度程度の大きいものであれば、打ち出した直後に少しだけキャリー(転がり)が出ます。その分だけ芝目の影響を受けずにすむわけですから、結果的に直進性のいいパットを打ちやすくなります。

 

ロフト角の違いなどはほんのわずかなものですが、高麗グリーンにおいては角度が大きいほうがカップインの確率は高くなるということを頭に入れておきましょう。

高麗のテクニックはすべてのグリーンに通用する

最近は、暖地型のバミューダやティフトン芝、寒冷地型のブルーグラスやフェスキューといった芝も登場しています。

 

その中で高麗芝は難度が高く、また見た目も青々とした洋芝には劣りますが、高麗でしっかりヒットする感覚が養われれば、どんなグリーンでも通用することは間違いありません。機会があったら腕を磨くチャンスと思って積極的にチャレンジしてみましょう。

まとめ

というわけで、今回は高麗グリーンの特徴や攻略法について説明させていただきました。練習を継続すれば必ず上達しますよ。
そうなれば自分にとっても大いに刺激になると思います。

また、できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画

-ゴルフ初心者入門
-, , , ,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5