アイアンの打ち方

アイアンの打ち方基本編【中井学ゴルフレッスン】

アイアンの打ち方の基本とは・・・

ここでは、中井学プロが「アイアンの打ち方の基本」についてレクチャーしています。何事も大きな成果をあげるためには、「基本」が大切です。プロが考える基本について学んでみましょう。

語り・・・中井 学

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

今回はアイアンの基本についてご伝授したいと思います。まず、アイアン。やはり地面の上のボールを直接打ちます。ですから、ドライバーやフェアウェイウッドに比べると難しいというイメージを持ってる方が多いです。では、どのようにすればこのコースにおけるアイアンショットが安定するのか。

まず、何よりも必要なことはミート率なんです。ドライバーの場合、ヘッドスピードを意識して早く振れば飛ぶというイメージが強い方は多いと思います。アイアンに関しては、確実にヘッドのスイートスポットに当て、且つヘッドが正しい軌道、この場合は上から打ち込むでもなく、すくい上げるでもなく、クラブに緩やかにボールに当たり、地面に着地するダウンブローであること。

この形を作ることが、アイアンにとって1番大事になります。多くの方がアイアンでミスする場合というのは、やはりボールが下にあります。上から打ち込んで球にスピンをかけて上げていく、そういうイメージをお持ちの方多いです。

ですので、この状態から腕を使ってクラブを上げていき、その後に体が回転していく。下半身からダウンスイングを戻していきます。でも腕でテイクバックを上げているわけですから、下半身を戻してきても腕は自然には降りてきません。

そのため、その分どうしても手の力を使ってクラブを戻さなきゃいけない。これだけでミート率は半減してしまいます。逆に、ダウンスイングで綺麗に打ちたいと思うがあまり、上体から先にスタートしてしまう。そのことによって下半身と上半身が同時にインパクトし、フォロー方向に開いてしまう。

それによって、クラブがカット軌道に入ってしまう。もしくは手前をダフる、手元をあてがいに行ってしまう。そういった色んなエラーが起こるんです。では、どのようにイメージしてゴルフ場で球を打てば良いのでしょうか。

腕とクラブが常に体の正面にあること

まず、クラブと腕を常に体の正面に固定させます。クラブと腕は、胴体が右、左に動くことによってその位置を変えてるだけで、決して腕自体が大きくこのように単独で動いているイメージはありません。

ですので、実際アイアンを持つとほとんどの場合、大体胸を右に向けてあげることにより、肩の高さまで手元の位置が上がってきます。このまま今度は胸を左に向けていくことによって、フォロー方向も肩の位置まで上がっていきます。これがまず基本形。

あとは、そのクラブの番手の違いによって段々と長くなってくれば、クラブヘッドも惰性が上がってきます。テイクバックは肩の高さですが、フォローの大きさが自然に変わってくる。このように、「腕とクラブが常に体の正面にある」というような意識だけを持って頂ければ、アイアンの正確性は必ず向上します。

管理人から

できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画

-アイアンの打ち方
-, , ,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5