ゴルフ スライス 直し方

ゴルフレッスン動画 プロが無料動画で解説! スライス撲滅だ!

 

今回は、石井忍プロが「スライスボールをストレートボールへ変貌させる方法」を指導してくれました。万年、スライスしまくりの私には非常に有用なゴルフレッスン動画でしたね。まず、テキストを学んでから、記事下の動画を見ればインプットしやすくなります。それでは、頑張って学びましょう。

講師・・・石井忍

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

レッスン動画でスライス撲滅

こんにちは、石井忍です。今日はスライスを撲滅しようということで、色々レクチャーさせて頂きたいと思います。まずスライスと言うと、大きく分けて2つあります。ボールが左に飛び出て大きく右に曲がるカットスライス。それと、右に飛び出て右に曲がるプッシュスライス。この中のカットスライスについて、今日はレクチャーさせて頂きたいと思います。

カットスライスの対処法

まずは、カットと言うと、バックスイングを上げた後に右肩が飛び出てクラブが外からくる、結果的にヘッドのパスがスクエアに対して外からくるということなんですけれども、外から降りてくる人はフェースが開いてるわけですね。フェースが開いていることによって、外からくるんですけれども、まずはフェースの向きは無視します。

ヘッドのパスを直してあげるということに今回フォーカスしてやっていくんですけれども、クラブを持ってるとなかなか難しいんですね。

自分の感覚というものが、ボールを当てに行く当て感が、結局スライス、フェースを開いて外からくるっていうことなんで、まずクラブじゃなくて練習器具みたいなものを使って今日は素振りというものにフォーカスしてトライしてもらおうかなと思ってます。

やり続ければ絶対にスライスは止まる!

それでは早速レッスンの方に入りたいと思います。今日は素振りということで、こんなものを用意してみました。これは私がオリジナルで作った物なんですけども、なぜクラブでは駄目なのか、クラブには先程説明した通り、フェースがついてます。

フェースがあって、重心距離があって、それなりにそれを感じながら皆さんスイングしてるわけです。そうすることによって、フェースが開いて外からきたと。フェースの動きにすごく神経が行ってしまう。これだったらフェース面がどこにもないので、クラブの軌道、ヘッドのパスに集中出来るわけです。

なのでフェースがないと言えばバットとかでも良いんですけど、バットだとやや重すぎるかなというのがあるので、どうしてもない人はバット、あるいはクラブをこのように逆さまに持ってスイングしても、ある程度代用は出来ると思います。

 クラブをインサイドアウトに振るだけで・・・

それでは素振りをする時の手順を説明したいと思います。まず素振りをするクラブと、もう1本クラブを用意します。本当は簡単に言えば、このクラブをインサイドアウトにブンブン振るだけで自然とカット軌道が直るんですけれども、その時にやっちゃいけない動きというのが幾つかあるので、それも踏まえて色々説明します。

まずスタンス、真っ直ぐあるいはオープンですと外から非常に入りやすい体勢になります。なのでまずアドレスする時にこのスクエアなライン、スクエアなスタンスよりも右のつま先を左の拇指丘のところまで下げます。このようなラインです。こうすることによってインサイドから振りやすくなります。そのあとグリップです。

胸の前で構えます。左の手よりも右の手の方が上にあるので、このまま伸ばせば当然右腕の方が上にきます。この状態ですと、上半身が大きく左に開いて、外からきやすくなります。

なので、真っ直ぐ伸ばした状態よりも、左の肘よりも右の肘を下げたい。なのでここで構えた時に、左の肘よりも右の肘をやや曲げて、このように段違いにしてあげます。そうすることによって肘のラインとつま先のラインがこのように揃います。そしてこのつま先のラインに対して振っていく。そうすることによって自然とインサイドから打つ素振りが出来るということです。

インサイドアウトの軌道を覚えましたら、次は重心のコントロールです。重心と言いましても、右左だけじゃなくて前後もあるわけです。

アウトサイドインという軌道には、非常に重心が前に移動しながら振ってしまうということが大きな原因になっています。次のレッスンでは重心位置のコントロールについてレッスンしたいと思いますが、その時にこのようなバランスディスクを使うと、このように重心をコントロールするのが難しいので、簡単に重心位置のコントロールというものを体感できます。

どうしてもない場合は、このように練習場のマットの端っこで、少しつま先を出してスイングするっていう方法もありますので、次で詳しく説明したいと思います。

インサイドアウトは重心コントロールが重要

それではドリルの説明をしたいと思います。せっかく少し覚えたインサイドアウトなんですが、実際重心をしっかりコントロール出来ないと、せっかく覚えた軌道も台無しになってしまいます。どういうことかと言いますと、トップまで上げて切り返した時に、つま先の方に体重がグッと移動してしまいますと、自然とまた勝手にアウトサイドインになってしまいます。

なので重心のコントロールというものは非常に大事になってきます。ただ普通に何もない状態ですと、その重心もどこにあるのかわからない。どうなったら前に行ってるんだろう?という風に皆さん思うと思いますが、その時にこのようなバランスディスク、これゴルフの練習用の物なんですけれども、フィットネスクラブとかでもよく見かけると思いますが、これに乗ります。

そしてこの上でスイングをする。少しでも前に体重が行くと前に落っこちてしまいます。なのでこの上でスイングをすることで重心をセンターに保つことが出来ます。この上でこのように振るだけで、少しでも前に移動すると落ちてしまいます。

なので簡単に体感出来ます。これがない人は、クラブを置いて練習場のマットの端っこから拇指丘が前に出ない程度、つま先だけ。拇指丘が出てしまうと、正しくスイングしてても落ちてしまうので、拇指丘は残してこのように。

周りの人がいますので、クラブは持たないで、この上でスイングをする。前に移動すると落ちてしまう。なのでこのような練習器具で素振りして重心をコントロールする。ない方はマットの端っこでやることによって重心のコントロールが出来るようになります。

管理人から

できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画

1ランク上のステージへ:「ゴルフスイング理論」とは

-ゴルフ スライス 直し方
-, , , ,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5