ドライバーの打ち方

ゴルフ ドライバーのコツを徹底的に解説するよ!!

ゴルフ,ドライバー,コツ

ゴルフドライバーのコツ、ティーを挿す方向で飛距離アップ!?

解説:長岡プロ

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

※記事下に本編動画あり

ドライバーのティーの挿し方を説明したいと思います。まず、ティーを挿します。目標が向こうなんですけど、こう挿します。このとき、もちろん高さもすごく重要です。スピンのかかり具合が変わってしまったり、もしくは意図的に打った場合ですね、低くしたり高くするとドライバーで打っていく球の高さっていうのもコントロールできる部分があるので。

ティーの高さって言うのは個人の自由ですし、もちろん打っていくときの球の高さの弾道の違いによって、高さを変えたりする。そういうのはちょっと特殊な技術、スイングを意図的にコントロールしたりしている状態ですけど、単純にですね、ティーを地面に対して垂直に立てるっていうイメージではなくて、少しでもいいから前に倒すと。

もちろんあんまり前に倒してしまいますと当然ボールは乗りませんから、多少、ほんのちょっとですね。目標側にできるだけちょっと倒すと。そうすることで、今はロフトアップで低スピンで飛ばすっていう打ち方が主流になっている中で、スピンの量を少しでも低スピンで打つために少しティーを前にする。

どういう現象かと言いますと、ティーを前にこうすることで、ドライバーのヘッドがダウンスイングで降りてきたときに、ティーの抵抗を少しでも減らすという。極端に言うとボールがこう乗っている状態ですから、右側面に当たったときにティーの抵抗を受けることなく入っていきます。

ただこのティーの挿し方を目標に対してではなくて、極端に言うとむしろ逆方向に挿してしまったとします。そうすると、ボールが乗っているわけですから当たった瞬間にこのティーのこっち側にですね、こういうふうに当たって少しスピンが入るような形で打ち出しが少し高くなるようなイメージになってしまいます。

ですから、本当にもうミクロの世界ぐらいちっちゃな話なんですけど、少しスピンが入って抵抗もある。ですから出来るだけティーを目標方向に倒してティーアップされていくとちょっと低スピンでしっかり振りぬきやすい。当たった瞬間の抵抗も少なくなるっていう話です。

それでですね、もう一つは、今度はちょっと後方から見ていただいたときにですね、目標に対してティーを少し自分寄りに構えた側に倒す。要するに左に少し斜めになっている。もちろん目標側に少し倒します。こういう状態です。こうすると少しドローが打ちやすいとか、少し右に倒した状態でティーに乗りますと、少しフェードがかけやすい。

これも個人のイメージだと思うんですけど、僕は少し、例えばフェード系で打ちたいなっていったときには、前に倒しつつ少し右になるべく挿すようにしています。ドローを打ちたいときは少し左にこう持ってくるようなイメージを持っています。

これが地面に対して真っすぐだとしたらドローの場合は左、スライスとかフェードの場合は右に倒す。で、できるだけ目標側に倒した状態でティーアップするっていう意識を持って打ってます。その辺も、ちっちゃなネタなんですけどそういうイメージを持たれると少し、変わるかもしれません。皆さんもぜひ、ちょっと試してみてください。

本編動画

 

ゴルフ ドライバーで「芯を食う」ための構え方

解説:長岡プロ

※記事下に本編動画あり

ティーアップで目標に対してティーを挿しました。いつも通りの素振りをして、ルーティーンをします。狙うところをもちろんしっかり決めてセットアップしていきます。で、この時に僕がレッスンをしてましてよくお客さんに聞かれるのはですね、構えたときに「フェースのやっぱり真ん中で合わせたほうがいいんですか?」という。で、この話を少しします。

まずはドライバーっていうのは1番シャフトが長くて1番遠くに飛ばすクラブ。ですから思い切り振った時にやっぱりクラブの14本の中で1番ヘッドスピードが出るクラブです。遠心力、もしくはヘッドスピードが出てくると加速感もアイアンに比べて全然出ますから、構えたときよりもインパクトで手が浮きやすい。

で、これももちろんプロだったり、上級者の人は、手が構えたところからですね、それでも多少は浮きますけど構えたときとインパクトのときのズレって言うのは比較的少ないんですけど、アマチュアのアベレージゴルファーの方が打ってると、大体構えたときの形に対してインパクトですごく手が浮いてしまっているのが結構目立ちます。

そうしますと、クラブのフェースのど真ん中にボールをセットしてアドレスをとった場合、インパクトで手が浮いてしまうと、ヒール側にボールが来てしまうのがわかると思います。

ですから、僕たちもそうですけど、もちろんそれも絶対とは限らないんですけど、どちらかと言うとセンターよりは少しトウ寄りでセットしといて、手が浮いたときにちょうどドライバーのいいところに当たるっていうふうに皆少し考えてる。で、もちろんヘッドスピードがある人がミート率が悪いと距離は出ません。

スピンがかかりすぎてしまったりサイドスピンが入って曲がってしまう原因になります。ですから、しっかりある程度、芯で当てる。実際にはドライバーって、もちろん真ん中が芯なんですけど、ややトウ寄りのやや少し上目。ここらへんでボールが当たるのが1番飛ぶって言われています。この辺ですね。

もちろんここが真芯です。でもこの辺が1番飛ぶって言われてますから、そういうところで当てるためにも、少しトウ寄りで気持ち構えておいて、ドライバーで思い切り振って手がちょっと浮いたときに、いいところに当たるんだっていう。

ミート率を上げるためにもそういった工夫をされて、ティーショットを打つときの間合いとグリップをしっかり構えたときのポジション、少しトウ寄りで構えているのがわかると思います。

これが、ちょっと手が浮いて当たった時にいいところに当たるという考え方を持っていると、しっかり当たる確率が高くなるかもしれません。少しみなさんもそういうのをちょっと試してみてください。

本編動画

 

ドライバーの打ち方 その② 「スイング中のフェースの向き」

解説:長岡プロ

※記事下に本編動画あり

ドライバーのスイング中の、フェースの向きについて少しお話したいと思います。まずアドレスした時点で、フェースはターゲットに向いている状態でセットアップします。で、ハーフウェイバック。

目標と平行にクラブがテイクバックで動いていった場所にですね、クラブのフェースの面が前傾している背骨とほぼ平行に動いていくといいと思います。例えばテイクバック。ここの場所でですね、クラブのフェースが開いてしまったり、「シャット」と言って閉じすぎてしまったりしないように、この段階でなるべく前傾している背骨と平行を通過するように意識します。

そのまま上がっていきトップの瞬間にクラブのフェースの面と、左腕が平行になっている。大体感覚的には斜め45度ぐらいを向いている状態でトップに収まるのがスクエアな状態と言えます。

もしトップの場所で、クラブのフェースの向きが空を向いている状態、つまり左腕の角度に対してフェースの面が地面と平行になってしまいますと、クラブのフェースが「シャット」、かぶっている状態になっています。

もしくはクラブのフェースがトップの段階でここが真正面を向いている、つまり左腕の角度に対してフェース面が縦にはまっている状態になってしまいますと、フェース面が開いているので、この場所から打つと「コスリ球」。要するにスライス系のボールが出やすくなってしまいます。

もちろん持ち球もあると思うんですけど、なるべく練習場や自宅で鏡などを使ってチェックして、フェースの向きを意識するようにしましょう。逆にフォロースルーでは、ゆっくりシャドウスイングをした場合、シャフトが地面と平行に。

目標を向いた段階ではイメージとしては前傾姿勢と平行の場所を向かえるようにします。ただ実際にスイングをしてスピードが付くと、クラブのフェースはもっとターンしている状態にはなるんですけど、イメージとしてはここで前傾している背骨と平行。

ですから、正面から見たときにハーフウェイバック、そして左右対称のシャフトが地面と平行になった段階では前傾している背骨と平行。ここでも平行っていうイメージを持たれると、フェースローテーションをスイング中にあまり使ってない形になりますから、左右のブレが、要するに少なくなってくるという形になってきます。

ですから、シャフトがスイング中に動く軌道を意識されてても、もしフェースの向きがずれてますと、やっぱり曲がりますから「軌道」プラス「フェースの向き」っていうのも普段練習場やビデオを録って、この軌道とフェースの向きっていうのはスイング中にコントロールできるようにしていくとかなり上達すると思いますので、その辺をチェックしてみてください。

本編動画

管理人から

できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

-ドライバーの打ち方
-, ,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5