ゴルフスイングの基本

ゴルフ 90切りの練習と考え方 ゴルフスイングの基本動画!

 

久しぶりに、芹澤信雄講師のレッスンです。誰もが憧れる90切りの練習方法や考え方などについて、具体的に指導してくれました。まさに、スイングの基本動画といえるソースをテキスト化いたしました。それでは、今日も頑張りましょう。

黒文字:芹澤信雄講師
緑文字:高田順史モデル
青文字:ナレーター

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

90切りを達成するための基本練習と考え方

皆さんこんにちは。芹澤信雄です。

高田順史です。

今回チーム芹澤のメソッドを、高田プロと一緒に皆さんに教えていきたいと思います。

ゴルフ グリップの握り方

第一回の今日は、レベルスイングの前にこちら。

人によって、全然グリップって違うじゃないですか。高田プロの場合は、ちょっと構えてください。どちらかといえばフックだよね。フックは被っています。だからナックルが、上から見たとき本人から3つくらい見えますね。

パワーのない人はフックグリップのほうが…ちょっといいですか? こうやってフックにしたほうが、手ってこれだけ返れますよね。ということは、最後インパクトをしてからこれだけ返るので、それだけリストが使えるということです。

逆に、ウィークでナックルが1個しか見えない人はこれしか返りません。わかります? ネットが。理想はナックル2つですね。上から自分が見て、ナックルが2つ見えていればいいと思います。

そして1番大事なのは、親指と人差し指のこの締まりですね。これがしっかりと、締まった感じ。あとは、ここの膨らみにこの間を入れていただく、ということですね。出来るだけ、Vが同じ方向を向いてくれたほうが理想です。

ただ右手が強い人はどうしても右手を被しますから、Vが首にきたり、左肩にいく人もいます。こういう人は基本的に右肩が突っ込む方です。ですから意識して、左手を構えたら右手を添えてくるように。

そしてVが同じ。大体右肩と首の間くらいが理想ではないでしょうか。こういう感じです。これはあくまで理想です。でも、昔からやってる方は、自分の持ち方ってありますから、グリップを変えるっていうことはゴルフにとってすごい難しいことなんですね。

だからあくまでも、理想論を言ってますので。ですから、インターロッキングの人もいます。ベースボールグリップの人もいます。で、このオーバーですね。自分がやって1番、両手を持ったときのフィット感が良いようにしてください。

インター、オーバー、ベース、ベースボール。どれがいいか、とは自分で決めてください。これはもうほんとに、他人事のようで申し訳ありませんが、本人が今さら始めるわけではないので。自分の一体感がある感じですね。ただ、理想は、Vが同じ方向を向くことです。

グリップの握り方は、左手の返り幅が大きい順に、フックグリップ、スタンダードグリップ、ウィー宇グリップがあります。右手の添え方は、ベースボールグリップ、オーバーラッピング、インターロッキングがあります。自分に合ったグリップを探してみてください。また、構えたときに右手と左手の親指の付け根にできるVの字が、右肩と首の真ん中を指すのが理想的です。

ゴルフアドレスの基本

いよいよレベルスイングの基本です。まずはアドレスから始めましょう。

練習場だと、マットがあります。そこに対していつもはスクエアに構えられるけど、コースへ出るとあまりの広さに自分が飛ばしたいところでアドレスが乱れますね。それをまずここで皆さんに説明したいのでしっかりと見ていてください。じゃあ高田さん、フェアウェイにセンターで構えていただいていいですか?

※実践

こうですね。高田プロの場合は少しスタンスがオープンになっていますけど、基本的にはこのくらい真っすぐ。スタンスは人によってクローズ、オープンがいますけれど、クローズでも腰が真っすぐでクローズ。

オープンでも腰が真っすぐでオープン。これがすごく重要です。オープンになって腰もオープンになってしまうとバックスイングは上に上がってしまいますから。クローズになって腰は真っすぐだとスクエアにあがりますけど、こうなるとインサートに上がります。

ですから、基本的に大事なのはスタンス、膝、腰、肩のラインが常に同じ方向を向いた方がいいと思います。基本的に、そうしたほうがボールに対して常にスクエアに構えられるということですね。

肩が回らない人は多少クローズにして肩が回りやすくするとか、逆に体が硬いのでオープンにしても真上に上げると。これは人によって違いますけど、基本はスクエア、スクエア、スクエアですね。こういうことをまずテーマに、アドレスをしていただけるといいと思います。

クローズドスタンスに構えるときもオープンスタンスに構えるときも、腰はしっかりスクエアに。つまり、ボールの打ち出し方向と平行な位置にしてください。これが、腰を水平に回すための第一歩です。

ゴルフ テークバックのコツ

正しくアドレスができたら、クラブを振っていきましょう。

ここから始まるバックスイングですね。肩からゆっくりアゴの下まで入っていきます。できるだけ腰の高さまでノーコック、ここです。そこから体をひねりながらこのコックを使いますね。

高田プロの場合は体が柔らかいから回りますけど、一般のアマチュア、体が硬い人。このままでいいです。ここまで回れば十分です。背中が少し、カメラに向かって見えるように。ここまで見えると安定して飛距離もでます。

わかりました。ここからテークバックしてと…あれ、芹澤さん。左足のかかとは上げたほうがいいんですか?

バックスイングで上げるときに、ひねっててヒールアップより、左のかかとが浮くか浮かないかですね。これよく質問されます。人によって上がる方、上がらない方がいます。何が違うかっていうのは1番言えることはですね。

高田プロちょっとやってください。高田プロは、ヒールアップはしません。上げていってください。上がらないですね。それはなぜかというと、体の柔軟生があるからです。柔軟性がある方はここからひねっていっても上がらないです。僕は体が硬いですから、ここまでいって回そうとすると背中が痛いです。苦しくなります。

そのためここから右に体重移動するために、ヒールアップを使って1つの自分のリズムですね。フットワークです。体が硬い人っていうのは自然に上げていって、ここから回らなかったらヒールアップしてください。そうすると体ってもう1つ回りますよね。

ヒールアップっていうのは人によって違うので、ヒールアップしてる人がいい、ベタ足のほうがいい、全くないです。その人の体の硬さ、リズムの取り方ですね。しっかりと右にウエイト乗せれる人は自然とヒールアップする人も多いと思います。この場で軸で真っすぐ回れる人は絶対ヒールアップしないと思います。

テークバックでは、両肩とグリップでできた三角形を大事にしながら腰の高さまでノーコックで上げ、そこからコックを使って縦に上げていきます。トップの位置では右の股関節に体重をしっかり乗せていき、左肩をアゴの下まで回していきましょう。体のひねりが足りない場合は、左かかとをあげるヒールアップを取り入れてみてください。

ゴルフ トップの位置(切り返し)

スイングで、1番難しいポイント、切り返し。実はここに、芹澤メソッドならではのノウハウがあります。しっかりマスターしていきましょう。

ここからどうしても下を使わないで、こういう傾向が多いです。クラブを手で打つ。ではなく、ここを放っておいて、腰を先に回すんですね。こうです。ですからこのポイントが、今後テーマになると思いますが、バックスイングを上げて自分がトップスイングできたと思った時に、ここから先にこれを入れる。ここです。

もう1回いきますね。テイクバック。肩から全体に上げる。要するにこの肩から上げることが、体の安定感がありますからトップスイングできて、安定感があるから切り返しもできるんですね。こうです。これ切り返しです。これができると体っていうのは左にも向いてますから、一気にフォローまでいけるんですね。これが1番ポイントです。

なるほど。腰の回転で切り返すんですね。あれ、芹澤さん。腰の右と左、どっちを意識したほうがいいいんですか?

「右の腰からいったらいいの? 左の腰から回したほうがいいのか?」っていう、こうした質問が非常に多いです。これは、人によって違うんですね。自分の中では感覚が右にウエイトが乗りますよね。そのまま回そうとしたほうが回りやすい人。逆に右に乗ったものを左に乗せながら回しやすい人と、これは2種類にわかれます。

ですから、自分がやっていて、右に残ったまま右へ腰を回したほうが回しやすい人はそれで合ってます。逆に右に残って回そうとすると引けちゃうっていう人がいます。そういう人は自然に左へ乗る形になりますね。

ただ、右の股関節、左の股関節っていうのは交代になりますから、バックスイングしたこのリズムですけど、人によっては、右から回った方が左へ回りやすい。逆に左へ乗ったほうが回りやすいというのがあります。

ですから腰というのは歩く動作と一緒ですからバックスイングで右、フォローで左ですね。このリズムですね。これが一般のアマチュアの方、どうしてもバックスイングで左に上がってフォローで右にいきます。

こういう動きが多いですね。こうじゃなくて、こうですよね。この感覚です。人によって硬さも変わります。1つだけいえることはですね。ちょっとトップスイング上げてください。これは人にやってもらえばわかります。ここにこうしますよね。これを引っ張るときに、腰を回します。すごい引っ張られます。腰をずらしてください。力入るんです。

スライドするとこうして入らないですね。腰引いちゃって全く力入らないです。それを、自分の感覚で腰を…そうです! こうグッと、回すんですね。これを体感してほしいんですけど、回して脇を閉める。1回僕が見本を見せます。トップスイングから左の股関節にまず、ぐっと入れるんですね。入れるだけです。ここです。

これで、この軸の中で後は左にだけ引っ張ればいくらでも彼は前に行くんです。わざとやっているわけでもなんでもないですからね。これを体感してください。ですから、壁などがあったらこれを引っ張るんですね。力が入らないのがわかります。それをこのまま左の脇を閉めて腰を先に引っ張る。

そうすると、手の位置は全くズレないわけです。そうしてこのまま脇を閉めると人間が引っ張れます。こういう感覚を、誰か一緒にやられている方とやっていただければ、腰の回転が、右から回したほうが力が入る。左から回したほうが力が入る。これは人によって違いますが、これがわかると飛距離も10ヤード以上伸びます。ちょっとやってみてください。

トップからダウンスイングへの切り返しは、手はそのままで腰を先に回すようにしましょう。左腰を意識して回転させるのが一般的ですが、右腰で回ったほうがやりやすい人はそれでもかまいません。引っ張りあいっこで、腰で回る感覚を掴んでみてください。中心軸から腰がずれると、パワーが出ません。

ゴルフ スイング軸の作り方

軸を意識してスイングしてみましょう。

ドライバーを持った時、僕の考え方は、耳軸。右の耳と左の耳にあると思います。ですからバックスイングしたときはここの軸に乗っていいですね。バックスイングに上げていってください。ここまで動いていいってことです。

そして、少しビハインド・ザ・ボールなので残っていきますね。残ったまま上へいって、首1個の軸の中でスイングしてほしいです。アイアンは、首の付け根ですね。ここに、1本の軸があればいいと思います。

ですからこのままバックスイングに上げていって、この軸の中で回転する。体重移動がこっちまでいくことなく、首の付け根の中、1本の軸の中で、上げて回転する、ですね。ドライバーとアイアンのスイングバランスは少し変わってきますけど、やはりドライバーは1番飛ばすクラブです。ですからしっかり体重移動。

アイアンは体の中心の中で回転すれば方向性もいいですし運ぶクラブです。しっかりと自分の中で飛ばすクラブ、運ぶクラブっていうのを分けていただければスイング軸が1個と、太い。それがわかっていただければ、スイングもわかりやすくなると思います。

クラブの進化により、長尺になったドライバーは横振りになります。ドライバーのスイング軸のイメージは、左右の耳の幅。体重移動をしっかりして振りぬきましょう。アイアンのスイング軸は、首の付け根に1本のイメージ。ショットの方向性を優先させるため、体重移動は小さく、ボールをしっかり運びましょう。

管理人から

できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画

 

-ゴルフスイングの基本
-, , , ,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5