アイアンの打ち方

アイアンのダフリ原因と対策~【中井学ゴルフレッスン】

 

ここでは、中井学プロが【アイアンのダフリを改善する方法】について説明してくれました。アイアンのダフリって多くの人が悩むところではないでしょうか。私もさんざん悩んでいた頃を思い出します。それでは中井プロ、今回もよろしくお願いします。

解説・・・中井学プロ

アイアンのダフリを改善する方法とは

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

今回は、アイアンショットの時にダフりが突然出てしまった、その時の対処法をご伝授したいと思います。アイアンにおいてダフりというのは、単純にクラブヘッドがボールの手前の芝を打ってしまうこと。

このダフり、色んな要素はあります。ですが多くの要素は、まず1つ、クラブを上げてそしてそこからぶつけに行く。やはりアイアンは上から打ち込むものだという意識が強すぎて、結果腕を使って打ち込んでしまう。ここがまず1つ。

そして次に、ダウンスイングで上手くクラブでボールを当てたいということで、クラブを早く、このように解いてしまう、リリースしてしまうことによって手前に入ってしまう。この2つのミスがダフりの大きなポイントになります。

では、コースで突然ダフりが出た時に、どのように対応すれば良いのか、このポイントは左腕にあります。

例えば、上からぶつけに行く方の多くは、このようにテイクバックで左腕が曲がっています。曲げてこれを伸ばすことによって上からぶつけてくる。こういう方が非常に多いですね。

あと、このようにクラブヘッドの解きが早い方も、結局曲げた状態から戻してくることによって、解きが強くなりすぎてしまうわけです。ですので、いきなりコースでダフりが出だした時というのは、単純に左腕の力を力ませない範囲でピーンと伸ばしてください。

そして、その左腕の角度を維持したままバックスイング、そしてそのままインパクト、フォロースルーももちろんこのように左肘を伸ばしたままフォローもとってあげる。ですからフィニッシュは、あえてとる必要ありません。なんですが、自然とこのように右腕の長さに沿って左腕が勝手に曲がってくる、このような曲がり方でしたら全く問題ありません。

ですが、インパクト以降に左肘がこのように外側に抜けてきてる方、こういう方は要注意してください。なぜかと言うとこれは、ぶつかりたくないというところで体が止まってしまい、結果肘を抜かなければクラブが抜けなくなってしまってる方に多い症例です。

ですので肘を抜いてしまうということは、それまでにクラブが地面をダフる要素がついてるわけです。ですのでその反射によって曲げるわけですから、フォローでもずーっと左肘を伸ばして、そしてクラブが振り抜けるスペースが出来るくらいボールから少し離れるということも重要になります。

鍵は1つ、肘を真っ直ぐ伸ばしたままバックスイング、真っ直ぐ伸ばしたままインパクト、そして真っ直ぐ伸ばしたままフィニッシュ。これによってダフりを撲滅することが出来ます。

管理人から

できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画

-アイアンの打ち方
-, , ,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5