ドライバーの打ち方

ゴルフ90切り【90を切るためのレッスン】 ドライバー:岡村咲プロ

ここでは、90を切るためのレッスン、ドライバー編として岡村咲プロが解説してくれました。ゴルフで90切りすることは、多くの人の憧れでもあります。プロをお手本とすることで、その願望も実現するかもしれません。記事下のレッスン動画も必見です!

黒文字:岡村咲プロ
緑文字:ナレーター ナラヨシタカさん

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

ゴルフで90切り!ドライバー編

90を切るためのレッスン。最後の週は、5回にわたってドライバーを取り上げます。アマチュアゴルファーは、ドライバーというと飛距離にこだわりがちですが、スコアメイクの観点から言うと、ドライバーこそ方向性にこだわって欲しいのです。

オーバースイング撲滅

90を切れないでいるアマチュアゴルファーのドライバーショットには共通点があります。それは、たまにですがボールが左右に飛び出しOBしたりすることです。どこへ飛ぶかわからない球が出て、ボールの方向性が定まらないため、時々ティーショットで大きなミスをしてしまうんです。なぜ、方向性が安定しないかというと、スイングの再現性の低さ、そして振りすぎ。いわゆるオーバースイングにあるんです。どんな動きになっているかというと、手だけでテイクバックをする。トップの位置に来た時に、右脇が空いてしまいます。

90を切れないアマチュアゴルファーは、ドライ―ショットで時々大きなミスをしてしまう。その原因のひとつが、オーバースイング。手だけでテイクバックし、トップで右脇が開いてしまう。

90切り スコアアップドライバー

おすすめしたいコンパクトなスイングとは、トップの位置に来た時に基本的には両脇がしっかりとしていて、また、右肘は地面に向いています。このように、テイクバックと右肘に注意してスイングすることでオーバースイングを抑えられ、方向生が良くなり、OBやミスショットが劇的に減るはずです。

岡村プロがおすすめするコンパクトなスイング。トップの位置に来た時、両脇が閉じ右肘は地面に向いている。テイクバックと右肘に注意してスイングすることでオーバースイングを抑えられる。これで方向性も良くなりミスショットも減る。

プロのスイングは、ダイナミックに見えますよね。でも、決してオーバースイングではありません。プロのダイナミックなスイングとはテイクバックやトップ、ダウンスイングにあるのではなく、インパクト後に特徴があるのです。

プロは、アマチュアよりヘッドスピードが速いのでインパクト後がダイナミックに見えるのです。またプロは、テイクバックがコンパクトだからその後がダイナミックになるのです。テイクバックもダウンスイングも、インパクト後も全てダイナミック、というのは不可能なことです。

わかりやすい例としては、ピッチングマシーンが投球したあと、ビヨヨヨーンと大きく振れること。卓球のスマッシュでは、大振りするとボールに当たらないこと。コンパクトに振って、ヒットした後ラケットの振り幅は大きくなります。

テイクバックやダウンスイングは力を抜いてコンパクトに。これで、ドライバーの方向性が良くなりOBも激減。さらに、飛距離も出せます。

カッコいいスイングを身につけよう

前回のレッスンでは、プロはオーバースイングではなくダイナミックなスイングをしていて、結果、飛距離が出ることと、そのダイナミックなスイングに欠かせないのが、インパクト後もヘッドスピードが速いこと、などをお伝えしました。

しかしオーバースイングになっているアマチュアは、インパクトでボールを打ちにいっているので、方向性が定まらず、飛距離も出ません。要するに、手打ちになっているのと、トップが大きすぎているのです。

では、プロのようにインパクト後のヘッドスピードを上げるにはどうしたらいいのか? 実は、アマチュアの方でも簡単にできるようになるんです。

オーバースイングになっているアマチュアゴルファーの特徴は、手打ちでトップが大きすぎること。これでは方向性が定まらず、飛距離も出ない。では、プロのようにダイナミックなスイングでインパクト後のヘッドスピードを上げるには一体どうすればいいのか?

90切り スコアアップドライバー

インパクト後のヘッドスピードを上げる秘訣。それは、トップから切り返しで、左足の裏で地面をつかむようにすると、体重移動が簡単にできます。すると、体が自然と、くるんと回転するのです。

これで、インパクト後のヘッドスピードがアップし、方向性の定まったボールが打て、しかも飛距離も伸びるようになります。90を切れないでいる皆さん、インパクト後のヘッドスピードを上げて、目の前の壁を乗り越えてくださいね。

インパクト後のヘッドスピードを上げる秘訣は、トップから切り返しで、左足の裏で地面をつかむようにすること。そうすると体重移動が簡単にでき、体が自然にくるっと回転する。体の回転でスイングできるようになると、インパクト後のヘッドスピードがアップし、方向性も良くなり飛距離も伸びる。左足の裏で地面をつかむスイング。90切りのために、ぜひ身につけよう。

少し前、2人のアマチュアゴルファーと一緒にラウンドをさせていただいたのですけれど、その時、「切り返しで、左足の裏で地面をつかむように体重を移動させると体が勝手に回転し、ヘッドスピードが速くなりますよ」とお教えしました。すると、2人揃って劇的に方向性が良くなり、飛距離も出るようになったのです。

でも大切なのは、上達したからといってその場かぎりにしないこと。お教えしてきたことをくり返し練習して、常に同じスイングをキープできるようにしてほしいのです。今回のイメージを持てば、再現性が高まります。そうすることで90を切れる可能性がグーンと高まるのです。

飛距離UPの特効薬

90を切れないでいるアマチュアゴルファーの皆さん、「もう少しドライバーの飛距離が出ればなあ」と思っているのではないでしょうか?

そんな悩みを抱えている方によく見られるのが、ティーショットの際、ショットした後に左足がグリッと、左方向に開いてしまうこと。また、打つときにジャンプするパターンもあります。そうするとせっかく 溜めたパワーが逃げてしまい、このため、飛距離が出ないのです。

飛距離が出ない悩みを抱えている、90を切れないアマチュアゴルファーによく見られるのが、ボールを打った後に左足がグリッと左方向に開いてしまうこと。実はここから力が逃げてしまい、ボールが飛ばない原因となる。また、打つときにジャンプするパターンも見られる。これではせっかく溜めたパワーが逃げてしまい、ボールに力が伝わらず、飛距離が出ない。

90切り:スコアアップドライバー

ティーショットで私がおこなっているのは、左足が左に動かないように、ショット前にあらかじめ左足つま先を開いておきます。ただし、両足を真っすぐにしてから開くこと。

そうしないとオープンスタンスになってしまいます。体の硬い人は、ボール1個分開いてもOK。右足はロックがかかるように、真っすぐにしておきましょう。このやり方は、ドライバーに限らず他のクラブでおこなっても構いません。体が硬くなってきた年配の方や、デスクワークをしていて足首が硬くなっている方におすすめです。

左足が開かないように、打つ前にあらかじめ左足のつま先を先に開いておく。この時、両足を真っすぐにしてから開かないとオープンスタンスになってしまう。体の硬い人はボール1個分開いてOK。右足はロックがかかるよう、真っすぐにしておくのがポイント。これで、溜めた力が逃げずにボールに伝わるため、飛距離がアップする。

スイング中に左足を動かさないだけで、そのパワーを無駄なく使え、もっと飛距離が伸びるのです。以前お伝えしたように、素振りでインパクトのあと、ビューンとなるようなスイングができれば、そのパワーがしっかりボールに伝わり、飛距離が格段に伸び、結果、90を切れるチャンスも確実に増えるはずです。

遠心力を感じよう

ドライバーでは、ショット後に頭を残しなさいとか、ヘッドアップするなとよく言いますよね。でもアマチュアゴルファーの多くは手打ちになっているので、クラブヘッドの遠心力を感じません。

そのため、いくら意識しても頭が残らないんです。ではプロはどうかというと、体を回転させて遠心力を感じながら振っているので、意識しなくても自然と頭が残るのです。決して意識して頭を残しているわけではありません。

アマチュアゴルファーの多くは、手打ちなのでクラブヘッドの遠心力を感じられない。そのため、いくら意識しても頭が残らない。一方プロは、体を回転させて遠心力を感じながら振っているので、意識しなくとも自然と頭が残っている。

皆さんに私がおすすめしたいのは、クラブ2本をヘッドとグリップを逆にして持っておこなう素振りです。このようにして遠心力を感じてください。これを何度も繰り返せば、ショット後も頭が自然と残り、飛距離も大幅にアップ。90を切れるチャンスがおのずとめぐってくるはずです。

クラブ2本を逆さにもって素振りを繰り返せば、自然と頭が残り飛距離も大幅にアップ。遠心力を感じて練習しよう。

レベルアップの秘訣

今月はアイアンに始まり、ユーティリティとフェアウェイウッド、そしてドライバーと、90を切るためのレッスンをしてきました。全てのクラブに通じるレベルアップの秘訣として、コースでやることを練習場でやってほしいと思います。

よく、鬼の形相でボールを叩いているアマチュアゴルファーを見かけますが、「それほんとにコースでもやるの?」と思ってしまいます。これではいつになっても90切りはおろか、上達は見込めません。またレベルアップには、ゴルフギアを大切にすることも欠かせません。

「なーんだ、精神論か」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそうではありません。ゴルフとの向き合いかたにも直結しますが、実はスコアにも影響を及ぼす可能性があるんです。

どういうことかというと、クラブのフェースが汚れているとスピンがかからない。ウェッジでボールをぴたりと止めないといけないのに止まらないなど、ミスショットを招く可能性もあるんです。ですので私は、しっかり汚れを取ってからプレイするようにしています。

コースでやることを、練習場で練習する。アマチュアゴルファーの中には練習場に来ると、鬼の形相でボールを全力で打っている人がいるが、それでは上達は見込めない。

岡村プロは、練習では常にある感覚を覚えながらスイングやショットをしているそうだが、実はその感覚こそが、正しいスイングができている証拠。上達の証なんだとか。岡村プロがスイングで毎回感じる感覚。それは、いったいどういうことなのか?

岡村 咲からのメッセージ

練習場で、「うまく打てたな」とか、「よく飛んだな」とか、気持ちいいスイングやショットをして満足しているアマチュアゴルファーの姿をよく目にします。でも、正しいスイングをしていると体のどこかに必ず窮屈な違和感があるものなのです。

ゴルフは縦と横の動きが混在しているスポーツ。ということは、普段の生活ではしていない動きをしているのです。なので、違和感があって当然ですよね。皆さんにお伝えしたいのは、体中、違和感だらけで羽交い絞めにされているような感覚を覚えながら練習しないと上達しない、ということなのです。

私も練習場やコースでは違和感を持ちながらプレイしています。しかも、ほぼ毎日。ですので、私がお教えしていることを実践されると体に違和感を持たれるかと思いますが、それはちゃんとできている証拠。

逆に、違和感がないのはこれまでと同じ練習をやっているということ。常に違和感を覚えながら練習するようにすれば、90切りも、そして次にお教えする80切りも難なくクリアできますよ。

まとめ

というわけで、今回は90を切るためのレッスンについて説明させていただきました。練習を継続すれば必ず上達しますよ。
そうなれば自分にとっても大いに刺激になると思います。

また、できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画

-ドライバーの打ち方
-, , ,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5