ゴルフスイングの基本

ゴルフ ダウンスイングのコツ 右サイドのフットワークが重要

ダウンスイングのコツを解説

今回は、「ダウンスイングのコツ」と題して、重要な右サイドのフットワークについて学びましょう。これを、理解しているかどうかは、今後のスキルアップに対して大きな影響を与えます。時間のある方は、記事下の動画も参考にしましょう。それでは、レッスン開始です。

▽▽「ゴルフ、右サイドで振る」「シッティングダウン」「アームローテーションのコツ」などのキーワードで検索している方は以下の記事を必読してください
⇒そういうことか!上手くならない理由は単純だった。初心者、中級者に確実なゴルフ上達法を教えます

今日はダウンスイング時の上体と下半身の捻転さを作るための右サイドの使い方をご紹介します。じゃあバックスイングしてみましょう。右の股関節入れます。ここ、右斜めに脇腹が切れ上がります。股関節入ってるのわかりますね。

そこからアマチュアの方はすぐ右腰を回しちゃうんですよ。そうすると右足のかかとが直線的に上がる、これが上体を起こしてしまう。そうするとクラブも早く落っこちてキャスティングしちゃいます。バックスイングは右股関節入ったまま、左サイド踏み込んで今度右膝も入ってくる。だから右腰は絶対に動きません。もう1回。

右のお尻にちょっと腰掛けるような感じで下に右膝入ってくる、これが正しい使い方です。そうすると右足の土踏まずが地面をクッと掴みます。これ大事です。

トップの位置から絶対に右腰出さないように。皆さんこの形が作れるようになると80%スイングが出来てるようなものです。これ見てください、右のお尻に少し腰掛けるようにして、右の股関節を前に回さない。入っているのは右膝だけです。左の脇腹を引っ張ってそこから一気にフィニッシュ。

バックスイングで右の股関節入ってます。そこから右腰を回さないで右膝だけ送るんです。絶対右腰回しちゃ駄目です。右の土踏まずにグッと入っていくようにする。次は悪い例です。バックスイング、ここで股関節ほどけちゃって前に出ちゃう、そして右のかかとが直線的に上がると上半身が伸びちゃいます。

こういう動きの人が多いですね。正しいのは、バックスイングで股関節入ったまま右膝を入れる。これが正しいです、こういう使い方。

補足

トップで右の股関節入ります、ここで右腰が前に出ると駄目。右のかかとが直線的に上がっちゃう。もうはまったままこうやって入るんですけど、プラス踏み込みっていうのを、こういう動き、ストンって。

踏み込んだらシッティングダウン、腰掛ける感じを伴います。これとさっきの右の腰が股関節はまったまま右膝を、こう、この動きです。これがダウンスイングの時のフットワーク。ここは置いといたままのイメージで、右の肘が。だから右肩も前に出さない。上半身こんな右向いてる。

若い人は僕より体柔らかいから胸がこっち向いて腰が開いてる。トップでは方が90度腰45度でしょ、これを踏み込んで60度に広げる感じ。そうすると必ずクラブヘッドっていうのは4時半から出てきます。これが1番、トルク、これを使えるんです。3時からとかアウトサイドイン使えない。こうですね、皆さんもやってみてください。

ゴルフスイングに必要な前腕の回転

1番テコの原理が使えてクラブが丸く回る角度っていうのは、12時3時4時半なんですね。クラブ回りますね。ですからダウンスイングの時に、ここから出てくるとクラブを丸く回すことが出来ます。3時だともう打ちに行くから上半身の動きが止まってこういう返す、フリックの動きをします。円を描くと左の背中で引っ張って丸く描くことが出来ます。

ですから出て来る方向は4時半、皆さんで言うハの字ですね。また同じ方向に抜ける。こういうイメージです。4時半から出てきます。胸は右斜め下向いてます。この時の手の角度、この角度、前腕をこう。この時下半身から。胸はまだ右向いてます。戻ってきたら左に振ってあげます。

このフォアアームローテーションの力を使って、4時半から出てくるベクトルの方向で丸く振ってやるとスピードが出ます。腰から、腰と両膝を正面に戻しながら、胸はこっち、右肘は入ってくると手のひらは上を向きます。フェースの向きはこうです。左の背中でこうやってやると(アート?)になります。

3時の位置に下ろそうとすると、体の回転が止まってフリックが入ります。これは駄目、1番やってはいけないことです。そのためには右肘を曲げて、正面に落とす。こういう形で力のベクトル上手く使えると飛距離が出ます。

野球のバット振りです。腰から肘も入ってきてこのあたりからフォアアームローテーションです。素晴らしい、もう1回。腰から、右肘が入ってきて、フォアアームを回転して正面に戻す、ゆっくりでいいですから、体の正面に前腕を戻してくる動きを大切にしてください。そのまま左に振ってください。

そうするとクラブは体の正面にありますよね、これがとても大切なんです。これがないとリリースが早くなってダフったり色んなミスが発生します。

丸く振るには、どうしてもフォアアームローテーションが必要です。力の出るベクトルっていうのは4時半の方向です。3時だと全然使えません。ターンの時胸が右向いて、シャフトが4時半の方向から出てくる。こうすると早く回れますね。そのためにフォアアームローテーションっていうのが必要になってきます。

そしてクラブは自分の背中に向かって放り投げるようなイメージ。こういう感じで振っていくと円軌道になります。そのためには絶対フォアアームローテーションが必要になります。

まとめ

このページは、「ゴルフ、右サイドで振る」「シッティングダウン」「アームローテーションのコツ」というようなキーワード検索で訪れる人が非常に多いです。そのような人たちには以下の記事がおすすめです。

結果的に、すべての問題は解決して1ランク上のステージに行けるはずです。

おすすめ,ゴルフ場,打ちっぱなし,初心者,人気,安い,上達
そういうことか!ゴルフが上手くならない理由は単純だった【動画も】

ゴルフが上手くならない【レッスンプロでは上達しない】 細かいことが気になり、ネット検索をかけてゴルフ情報の収集ばかり。その結果、ゴルフは上達しましたか?私はダメでした。 言ってしまえば、ネットで情報を ...

本編動画

-ゴルフスイングの基本
-, , , ,

© 2020 おすすめゴルフ場&打ちっぱなし~初心者・人気・安い:GOLFラボ Powered by AFFINGER5