ゴルフ パターの打ち方

ゴルフ パターのコツを芹澤信雄講師が教える!

投稿日:

ゴルフ,パター,コツ

芹澤信雄プロがゴルフパターのコツを具体的に解説

黒文字:芹澤信雄講師
緑文字:ナレーター

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

※記事下に本編動画あり

今回は、パター編。自分のパッティングスタイルを見つけるのが、90切りへの近道。芹澤さんと一緒に見つけにいきましょう。

今回はパターです。誰もが1番聞きたいところだと思います。よくアマチュアの方の悩みとして、「1mのパターはどうやったら絶対入りますか?」とあります。私が教えて欲しいです。技術のことは後としてまず、道具のことを今回説明したいです。基本的にはブレードタイプとマレットタイプがあります。

ブレードタイプは、幅が狭いもの。マレットタイプは、幅が広いものです。どちらも、ヘッドやネックの形状にバリエーションがあります。しかし、ブレードタイプとマレットタイプの打ち方には、はっきりとした違いがあります。

ブレードとマレットがあります。これだけヘッドの大きさが違いますね。だから、アイアンとドライバーみたいな感覚で思っていいです。ですから、ブレード持っている方は上からコンッと打ちやすいです。後ろがないですから、構えたときにフェース面だけを見て、その奥もタップ式で行きやすいです。

今度はマレットを打つとき。どうしても後ろに幅ができますから、丁寧に構えてマレットの大きさを綺麗にストロークしようとしますから、タップ式よりもストローク派になり流す感じになります。ですから基本的にブレードを使っている人のほうが、パッティングは音をさせて打ってきます。こういうマレットを打っているほうがストロークしてきますね。

僕が思うにパッティングの形というのは、ストロークが後ろに30㎝、フォローが30cm、約60cmの幅で全てできてしまうので、ショットと違って自由にできます。じゃあどうしたらいいかというと、理論的にはですね、パターの芯に当てることを望みます。

なぜかと言うと構えたときに、芯に当てようと思うことでヘッドアップをせず、当てる瞬間だけを見るということです。だから、よくヘッドアップしているということがあります。ショートパッドなんか特にヘッドアップします。構えたときに、その芯だけを意識すること。

普段から家で練習とか、ショートパッドするときに自分でこう落としてください。そうすると大体、ヘッドが微動だに動かないですね。先だと先が動きます。ヒールだとヒールが動きます。全くフェースが動かない状態の場所です。この場所にマジックを塗って、そこを意識して常にストロークをする練習。

要するにここにだけ当てるということです。そうすれば、基本的にフェース面が変わらないのでショートパッドを外す確率がすっごく少なくなると思います。結局、外すというのは人間の欲で「1m絶対入れたい」という気持ちから、体が出たり、手が上がったりする。そういう原因でパッティングではショートパッドを外してしまうことがすごく多いです。

今度はグリップですね。グリップもショットと同じように、このようにインターロッキングの人もいれば、オーバー。逆にパターに対しては左手を先に押すように出すオーバーラッピングというパターもします。このようにペンシルグリップという使い方もあります。最近では、クロスハンド。

要するに右手と左手が逆になりますね、こういうグリップのし方。我々が昔、普通に構えてクロスハンドをしている人が、悩んでいるというのをよく聞きました。でもデータ上、クロスハンドの利点というのがあります。右手が下がるとどうしても右肩が下がりますよね。

ショットもそうなんですけどアドレスした時に右肩が下がります。でパターっていうのは出来るだけ平行に見たほうがいいと言うことで、クロスハンドにしたほうが肩のラインが平行になるということなんです。こうして、平行になるんですね。

また左手の手の甲がシャフトと一体化してますから、あまりこういう手首の使いがないんですね。右手が下に行くとどうしても、右手が打ってしまい左手の手首が曲がる可能性があります。そういう傾向が出がちで、ミスパッドをするっていうのでクロスハンドのほうが左サイドが一体化して、ストロークをしやすいという理論が多くあります。

まったく悩んでいなくても最初からクロスハンドで握っている人もいますからしてても良いっていう。こういうグリップをしっかりと、自分でやってみてください。

パターの打ち方解説、まとめ

パターがブレードタイプの場合は、アイアン感覚でコツンと打ち、マレットタイプの場合はドライバー感覚、ストロークで打ちます。どちらの場合も一番大切なのは、ボールをパターの芯に当てることです。パターの時だけつかうグリップがあります。左手の人差し指を右手の小指にかける逆オーバーラッピング。

芹澤さんも使っている一般的な握り方です。その他、左手主導のグリップでひっかけ、押し出しというミスが少ないクローグリップ。左右の手が逆で、両肩を水平にしやすいクロスハンドグリップなどがあります。パターの種類とグリップの組み合わせは、実際自分で試して選びましょう。

距離感をつかむ

練習グリーンに出たら、ぜひやっていただきたいのがこちら。

パッティングは何度も言っているように自由に打ってください。入ればいいです。構えます。そして右手を外します。そして左手一本で打ってみてください。そして逆に構えて、右手一本で打ってください。この時に、左がリードで右手が距離感という感じがわかっていただけるとありがたいんですがグリップもいろいろあるので、人によっては左手が距離感、右手が方向となります。

ですから自分で左右で打った時にどっちが距離が出やすくてラインに出やすいかというのも一つ目安になります。その辺を、自分で一度やってみたらいいと思います。距離感って一番難しいと思うんですけど、普段家の人工マットで2~3mはよくやってるけど、実際15ヤード下がったらどうだろうとか、これはコースにこないと出来ないですよね。

ですからコースに来た時はできるだけロングパットの練習をしてください。そして大きな振り幅で振って、距離感を掴むというのが大変良いと思います。では実際打つ前に、自分で見た、目で感じるこの距離をボーリングのように投げてみます。その距離感が合えば基本的にパッティングしても合うと思います。15ヤード上り。いい感じですね。投げたイメージを持って、その感じで15ヤード打てば良いです。いいですね。

そして次は10ヤード近辺にして。15ヤードが自分でこの辺だと思ってますから、これはだから人が考えることじゃないです自分で考えてくださいね。自分でこのくらいだって思えばいいです。人に言われてこのくらいからこのくらい打てってことは絶対できませんから。では、10ヤード行ってみます。合ってますね。

そして最後に5ヤードです。最初練習グリーンで出来るだけ、ロングパットをやって大きく振って飛ばすことを覚えていると、ちっちゃくは打ちやすいです。あまりショートパッドばかり練習していると、いざロングパッドのときに、降り幅が分からなくノーカンになります。

ですから出来るだけロングパッドから練習して、最後に5ヤードを打てばいいです。こんな感じでいいんじゃないでしょうかね。そういう練習方法が必要だと思います。

練習グリーンでは、まずボールを手で転がして距離感を掴むのがポイント。そして15ヤード、10ヤード、5ヤードと距離が遠いほうから打ち、パターの振り幅を確認しましょう。

パターはラインの読み方が重要

いよいよラインの読み方。パッティングの強弱で、ライン読みは変わります。

パッティングの中でもラインの読み方ですね。人によって違います。まず1番言えることは、自分が強く入れるか、それともジャストタッチか。それをまず知らないと、パッティングはうまくならないです。よくキャディーさんに、「ここは左しっかりでいいわよ」って言われて、流してスライスしすぎちゃった。

これは、本人がジャストタッチ派なんです。ジャストタッチって言うことは、もっと左カップではなく1カップないし1ボール左に狙う条件です。ですから今回このように、そちらから見てティーを3つ置いてあります。ここは上りのややスライスです。しっかり打てば左カップ内側。強めのキャディーさんなら言います。

「左カップしっかりしなさい」って。でも弱気な人は向けないんです。ですからカップ手前から入る人、カップの向こうに当たって入る人によってボールのラインがボール1個ずつ変わるわけです。これ一回やってみますが、「まずは左カップしっかり打ちなさい」。そういうことですね。

自分が左カップいっぱいに構えて強めに打ちます。向こうの壁に当たって入りました。「いや、やっぱり僕はボール1個外したいよ」と思ったらボール1個外せばいいですね。だから真ん中の赤いティーに向かって打ちます。なんとかボールはコテンと入りますよね。そして最後、結構打てない人っていますよね。とまりがけでコテッと入る感じ。これが大体カップ2つ。

カップ2つじゃなくてボール2個くらい左に向く人はここまで向いて、「あ、良かった」って感じです。こういう風にラインの見方が人によって全く変わるわけです。自分の性格を知ることによってラインの見方も変わるのでぜひとも勉強してみてください。

パッティングの強弱によってラインの読み方が変わります。このシチュエーションの時、強めに打つ場合はカップの縁を狙って打ちましょう。弱めに打つ場合は、ボール2個分ほど左を狙って打ちましょう。距離感を掴み、パターの振り幅で強弱をコントロールできるようになれば…

間違いなく3パットの数は減ります! 自然に3パットが減るということは、90を切るのも簡単です。

チーム芹澤に学ぶゴルフ。8回のレッスンをお送りしてきました。何と言っても大切なのは、しゃくらないこと。つっこまないこと。ドライバーでも、アイアンショットでも、傾斜地からでも、常に腰を水平に回すレベルスイングが、スコアアップの秘訣です。それをマスターするために実践して欲しいのが、ビュンビュン素振り。

ビュンビュン素振り

ビュンビュン素振りをして、軸の中で左右対称に振る。最初はゆっくりでいいです。で徐々に早くしていこうとしたときに、しっかりここでキープ。キープ。できます。

そうしたときに下半身の両方の股関節にしっかりと入るようになります。これが下手な人は八の字描きます。こうなると駄目です。ですからスイングプレーンに対して、オンプレーンにこのビュンビュン素振りが出来ると、スイング軸ができ、尚且つ腹筋に力が入ります。

レベルスイングのためにスプーン(3W)をティーアップ

そして、ティーアップしたボールを、ドライバーではなくスプーンで打つ練習です。

実際ドライバーのヘッドがあったらこのくらいのティーアップをしても、差がわかりますよね。これだとたぶん普通に打てます。ですがスプーンを持つことによって、これが少しでも開いて入ったり、閉じて入ったりするとこう入ることがわかります。

ですからダフリもトップもすぐわかりやすいということです。ここをスプーンでレベルに打ってくるというのがどれだけ難しいかってことですね。うん、素晴らしい。

皆さんも、美しいレベルスイングを手に入れてください。最終回ラストは、このコーナーをお届けします。

まとめ

安定して90を切るためには、たとえミスをしても動じない強いメンタルが必要です。数々の真剣勝負をくぐり抜けてきた芹澤さんのこころに、メンタル向上のヒントがあります。ボールとカップが静かに対峙する。そのわずかな距離に新たな可能性が生まれ、心がざわめく。決断が迫られる。逃げ出すな。問いかけろ。

自分自身に夢を託すのだ。迷いも、戸惑いも、煩悩も、自然の中に溶け込ませるのだ。するとやがてボールとカップの間に清澄な糸が、紡ぎ出される。穏やかな間合いの中で構築される限りない集中力。戦いの緩急の、その挟間に生まれる一瞬の間合いが、明敏な一打となってカップに吸い込まれる。

管理人から

できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画

そういうことか!上手くならない理由は単純だった。初心者、中級者に確実なゴルフ上達法を教えます

おすすめ,ゴルフ場,打ちっぱなし,初心者,人気,安い,上達

ゴルフ練習場のレッスンプロでは上達しない

細かいことが気になり、ネット検索をかけてゴルフ情報の収集ばかり。その結果、ゴルフは上達しましたか?私はダメでした。

言ってしまえば、ネットで情報を集めたりゴルフ練習場で専属レッスンプロに習うよりも、プロに教えているプロの懇切丁寧なレッスンDVDを見た方がずっと早く上達します。ゴルフとは、こんなに短期間で上達できるスポーツだったのか?というように、これまでの常識がひっくり返るはずです。

なぜなら、私自身がそうだったからです。私はゴルフレッスンに週1回、1年間通いました。しかし、一向に上達しない。

どこに飛ぶかわからない芝刈りだった自分のゴルフが、ほんの少し改善された実感は得られました。ですが、結局その程度です。

今では、90を切るのが基本で悪くても90後半そこそこでは回れるようになったのですが、これはゴルフ練習場のレッスン効果ではありません。ちょっと、信じられない人もいるかもしれませんが事実です。実のところ、ゴルフ練習場にいるレッスンプロは、

教え方が下手です。

怒られるかもしれませんが、事実なので仕方ありません。これは私だけでなく、プロゴルファーの兄も同じことを言っていますし、昔から日本の場合はこのケースが多く見られるそうです。

1年前、意を決してゴルフレッスンに通うことに

おすすめ,ゴルフ場,打ちっぱなし,初心者,人気,安い,上達

当時、私のゴルフの腕前は、「芝刈り」という表現がまさにピッタリでひどいものでした。10年以上頑張っているのに、100を切れることがほとんどない。兄にも呆れられていましたし、我ながらゴルフが嫌になりつつありました。

しかし、ひと昔前とは違い、ゴルフが大衆化され女性ゴルファーも増えたり、雰囲気も楽しくなってきたりとこのまま諦めてしまうのは悔しいと感じました。

近くに有名なゴルフ練習場があったこともあり、そこのプロに教えてもらおうと決心したわけです。「兄貴に教われ」と思われるかもしれませんが、そこはやはり兄弟なので色々あります。お察しください。

その練習場は、トーナメントプロの横田真一さんや、同じく何人かのトーナメントプロもいました。芸能人たちもよく利用しているような某有名練習場です。

当時は、専属のレッスンプロが4人もいて評判も上々ということもあり、3ヶ月の順番待ちで何とかスクールに潜り込むことができました。

一年間本気で頑張った・・・

それから1年間、毎週レッスンを受けて、それとは別に最低週1回、250発ぐらいは練習場で打ち込みました。それでも上手くならない。

正直に言えば、レッスンプロに教わりながら頑張れば頑張るほど自信を失っていきました。もちろん、そのときは「すべて自分にセンスが無いことが原因だ」と思っていました。悲しい。

出逢いと転機

ところがある日、レッスンプロにアドバイスしている人を発見しました。私を担当してくれていた専属レッスンプロを指導している人がいたということです。しかも、その方を見つけたときは丁度ランチタイムだったので一緒に食事することになったんです。今考えると、この出会いが私の転機になりました。

その方は基本的にプロを指導する先生であり、アマチュアには教えてくれません。驚くことに、ツアープロとしてはジャンボ尾崎と同期、日本PGAでも知る人ぞ知る人だったんですね。これには心底驚きました。

そして、昼食後はレンジに戻って練習を再開していたら、その方がこちらに近づいてきました。偶然、私は出口辺りに陣取ってたので、帰りに私のレンジ付近を通ったわけですね。

そして、一瞬立ち止まり、
彼に習ってるんだよね、そうだよね?
「もう1年近く教えてもらってます」

少し無言で間が空いたかと思うと、
立場上教えちゃいけないんだけど、こりゃほっとけない(笑 一球打ってみて
「え・・・はい」

・・・緊張でガチガチでしたが、私は言われた通り打ちました。

今までの苦労はなんだったのか

その3/2ぐらいのスイングでいいね。構えて、で、このまま引いて、バックスイングはここまで

あとは、打つんじゃなくて、元に戻すイメージ、これで3回素振りしてみて

よし、じゃあ、打ってみて

私は言われた通りに打ちました。緊張で硬くなっていたのですが、それでもまっすぐ飛んで、しかも力いっぱい振った時より飛距離も出た。信じられない瞬間でした。

このときは、なぜこんなに楽なスイングであれほど飛ぶのか全く理解できませんでした。しかもまっすぐ。その方は最後に、「今のを自然に出来るまでやるように」と言い残して立ち去られました。

とにかくまっすぐ飛ぶ。

そのあと、1時間ぐらい練習を続けました。ちょっとイヤらしく聞こえてしまうかもしれませんが、とにかく真っすぐ飛ぶんです。10発打つと8発は最後まで真っすぐです。何度打っても大体この精度を維持できるようになりました。

どちらかというと、かすかにドロー気味な弾道です。直されたのは、バックスイングの軌道を素直に、そして楽に。それとトップの位置だけ。

ところが、それで打つと私ではない別人のような打球。しかも、私の一番苦手なフェアウエーウッドの3番です。

教えてもらったのはわずか3分程度です。本当にそれだけで私のゴルフ人生が変わりました。

このとき初めて、ゴルフは勘違いのスポーツだと言われる理由が腑に落ちました。レッスンプロと教え方が全く違うし、指摘されたポイントも全然違う。だから上達しなかったのだと理解できました。

そこから、3ヶ月の間で一気にスコアが10ぐらい縮み、結果的に常時100を切れるようなゴルフになりました。

そのため、あの出逢いをきっかけにスクール通いもやめることにしました。

教えるのが上手なプロに習うこと、それが圧倒的な近道

あの経験で私が学んだことは結局、教えるのが上手いプロに習わないと上達しないということです。普段から素人に教えているプロと、ツアープロを指導しているプロでは視点が全く違います。考えてみれば当たり前のことですが、なかなか気が付かないことです。

スクールを辞める前、その先生と少しお話する機会があったのですが、やはり日本のレッスンプロは全般的に教えるのが下手だそうです。少し厳しい見方をすると、多くのレッスンプロはトーナメントに出られず飯が食えない人ですからね。

そう考えると、素人のシングルプレーヤーに指導してもらっても、良い結果は得られないことがよくわかります。旦那さんに教えてもらいてゴルフを始めた、というような奥様などはちょっと可愛そうかもしれません。

その先生の言葉で印象的だったのは、

ゴルフは教えるのが上手なプロに習うこと、それが圧倒的な近道だよ

そうは言っても、普通はそんな人に出会えないし、出会う環境すらないと思います。だったら、プロに教えるプロのレッスンDVDで練習するのが一番だということです。

ゴルフが心底好きなら必要経費

結局、私のゴルフはあの出会いをきっかけとして劇的に向上しました。ただ、そうは言ってもたった3分の奇跡の時間です。

正直、もしあの時と同じように学ぶことができればもっと上手くなれるのではないか?という欲求が溢れてしまいました。そこで、多くの時間をリサーチに費やした結果、最終的に辿り着いたのが、谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム、だったのです。

理由はシンプル、私が経験した奇跡をこのDVDからもう一度体験できると直感したからです。谷将貴さんは、多くのプロを指導するプロであり、片山晋呉プロを賞金王に導いたことで有名な実力者です。選ばない理由はありません。

金額は17,280円程度で、スクール代金より遥かに安いことも購入の決め手となりました。

やっぱり分かり易い

このDVDですが、私の場合はやはり正解でした。構成が理路整然かつスムーズなので、非常に理解しやすかったです。雑念は捨てて、素直に実践するのが良いと思います。

結局、ゴルフは中々上達しないものではなく、ゴルフをきちんと教えることができないレッスンプロが多すぎる、ということがネックなんだと思います。

ゴルフが上手くなると人生まで楽しくなった

DVDを見ればわかりますが、頭がとてもスッキリします。これまでの自分の間違った思考や新たな気付きなど、得られる価値は非常に大きいですし、やる気が沸き上がります。

私は前述した出逢いで100切りを達成し、谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムを実践して90切りをスタンダードレベルまで引き上げることに成功しました。

パーの取れるゴルフ、バーディーの狙えるゴルフは楽しいです。これからも本当の意味でゴルフをエンジョイしていきたいと思っています。

ちなみに、プロゴルファーの兄も谷将貴さんのDVDで学んでいるので、やはりレベルの高いものだと思います。
ぜひ、試してみてくださいね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

2017年11月追記:かなり凄い特典を付けました

このサイトから多くの人に、「谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム」DVDをご購入いただきました。そこで、感謝の意味を込めて今後は当サイト限定特典をお付けいたします。正直、金額に換算すると3万円では効かないほど奮発した特典です。

以下、特典内容

  • ゴルフは脳をダマすことで誰でも上手くなる /PDF19ページ
  • ゴルフで確実に達成できる目標設定のポイント /PDF15ページ
  • ゴルフ初心者必見:ぎこちないスイングを簡単に治すたった1つ方法 /PDF15ページ
  • ドライバーの飛距離が速攻アップするヒジの使い方 /PDF12ページ
  • ゴルフとは「確率のスポーツ」 /PDF14ページ

上記、5つの特典と「谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム」DVDを併用、実践することで確実にあなたのゴルフ歓は劇的に変化します。これまで抱いていた悩みや疑問などはすべて吹っ飛びますよ。

2017年12月追記

谷将貴さんのDVDを当サイト限定特典付きで購入した人たちから嬉しい言葉が多数届いています。その一部を記載しますので参考にしてみてください。

M.E様(神奈川県 男性)

「もやもやが晴れる思いでした!」

ウィークポイントと改善ポイントが明確になり感謝申し上げます。出来ていると思っていたことが全く出来ていないという事がわかり、もやもやが晴れる思いでした!帰宅して今までで、何度もアドレスの格好を確認しておりましたら家族に笑われました(笑)4年前までは、もうやる機会はないだろうと思っていたゴルフでしたが今は一番の趣味として復活したことを幸せに思っています。本当にありがとうございました。

A.K様(神奈川県 女性)

「的確なアドバイスでとても良くわかりました」

的確な解説やアドバイスでとても良く理解出来ました。練習でミスが出た場合、何に原因があったのか理解し、修正出来そうです。特典も最高です!

N.B様(東京都 男性)

「フェアウェイウッド、アイアンの当りはとても良く、一定の練習成果はあったと感じています」

「谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム」のおかげで、フェアウェイウッド、アイアンの当りはとても良く、一定の練習成果はあったと感じています。特にアイアンは、芯を食ったショットが多く、それ自体は良かったのですが、自分の想定以上に飛んでしまい、グリーン奥の難しいアプローチが残ってしまうこともしばしばでした。そして、今回の最大の収穫はパターでした。前回の自己ベスト33には及びませんでしたが、19-18の37パット。内1パットのホールが5ホールでした。そのほとんどが2m~3mでしたが、しっかり打てたことは自信になりました。実は3パット、4パットもあったのですが、ショートしたのは2回のみ、思ったところに打った結果なので、それはそれで納得しています。今後は、ドライバーの練習を増やして、余裕を持ってティーグラウンドに立てるようにしたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします。

A.N様(兵庫県 男性)

「練習場でこれまで届かなかった所に飛ぶようになり、最長を更新しました」

「谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム」DVDのドライバーレッスン後ですが、幾つか変化点がありました。(特典も大いに役立ちました)真っ直ぐに飛ぶ当たりが増え、左方向へ飛ぶ打球も出てきました(左プッシュアウト)。また、しっかり当たった時は明らかに飛距離が伸びています。練習場でこれまで届かなかった所に飛ぶようになり、最長を更新しました。良い場合のイメージをキープして上手固めしていきたいところです。ありがとうございます。

A.K様(神奈川県 女性)

「習得出来た後の自分を想像するのが楽しくて、地道に練習しております」

DVDレッスン、フィードバックありがとうございます。とても勉強になりました。間違ったアドレスが与える影響が理論的にわかりました。習得出来た後の自分を想像するのが楽しくて、地道に練習しております。練習しかないと思いますので、頑張ります!次回もよろしくお願い致します。

T.K様(東京都 男性)

「45+44=89を出せました」

お陰様で、昨日のラウンドで45+44=89を出せました。凄いです!ありがとうございます。

80台まで出している強者がいますね。凄いと思います。
あとは、やるかやらないか、ですね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

-ゴルフ パターの打ち方
-, ,

Copyright© おすすめゴルフ場&打ちっぱなし情報【ゴルフLABO】初心者・人気・安い・上達 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.