ゴルフスイングの基本

ゴルフ 90切りの練習と考え方 ゴルフスイングの基本動画!

投稿日:

 

久しぶりに、芹澤信雄講師のレッスンです。誰もが憧れる90切りの練習方法や考え方などについて、具体的に指導してくれました。まさに、スイングの基本動画といえるソースをテキスト化いたしました。それでは、今日も頑張りましょう。

黒文字:芹澤信雄講師
緑文字:高田順史モデル
青文字:ナレーター

▽▽管理人の私が90を切れるようになった理由
⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

90切りを達成するための基本練習と考え方

皆さんこんにちは。芹澤信雄です。

高田順史です。

今回チーム芹澤のメソッドを、高田プロと一緒に皆さんに教えていきたいと思います。

ゴルフ グリップの握り方

第一回の今日は、レベルスイングの前にこちら。

人によって、全然グリップって違うじゃないですか。高田プロの場合は、ちょっと構えてください。どちらかといえばフックだよね。フックは被っています。だからナックルが、上から見たとき本人から3つくらい見えますね。

パワーのない人はフックグリップのほうが…ちょっといいですか? こうやってフックにしたほうが、手ってこれだけ返れますよね。ということは、最後インパクトをしてからこれだけ返るので、それだけリストが使えるということです。

逆に、ウィークでナックルが1個しか見えない人はこれしか返りません。わかります? ネットが。理想はナックル2つですね。上から自分が見て、ナックルが2つ見えていればいいと思います。

そして1番大事なのは、親指と人差し指のこの締まりですね。これがしっかりと、締まった感じ。あとは、ここの膨らみにこの間を入れていただく、ということですね。出来るだけ、Vが同じ方向を向いてくれたほうが理想です。

ただ右手が強い人はどうしても右手を被しますから、Vが首にきたり、左肩にいく人もいます。こういう人は基本的に右肩が突っ込む方です。ですから意識して、左手を構えたら右手を添えてくるように。

そしてVが同じ。大体右肩と首の間くらいが理想ではないでしょうか。こういう感じです。これはあくまで理想です。でも、昔からやってる方は、自分の持ち方ってありますから、グリップを変えるっていうことはゴルフにとってすごい難しいことなんですね。

だからあくまでも、理想論を言ってますので。ですから、インターロッキングの人もいます。ベースボールグリップの人もいます。で、このオーバーですね。自分がやって1番、両手を持ったときのフィット感が良いようにしてください。

インター、オーバー、ベース、ベースボール。どれがいいか、とは自分で決めてください。これはもうほんとに、他人事のようで申し訳ありませんが、本人が今さら始めるわけではないので。自分の一体感がある感じですね。ただ、理想は、Vが同じ方向を向くことです。

グリップの握り方は、左手の返り幅が大きい順に、フックグリップ、スタンダードグリップ、ウィー宇グリップがあります。右手の添え方は、ベースボールグリップ、オーバーラッピング、インターロッキングがあります。自分に合ったグリップを探してみてください。また、構えたときに右手と左手の親指の付け根にできるVの字が、右肩と首の真ん中を指すのが理想的です。

ゴルフアドレスの基本

いよいよレベルスイングの基本です。まずはアドレスから始めましょう。

練習場だと、マットがあります。そこに対していつもはスクエアに構えられるけど、コースへ出るとあまりの広さに自分が飛ばしたいところでアドレスが乱れますね。それをまずここで皆さんに説明したいのでしっかりと見ていてください。じゃあ高田さん、フェアウェイにセンターで構えていただいていいですか?

※実践

こうですね。高田プロの場合は少しスタンスがオープンになっていますけど、基本的にはこのくらい真っすぐ。スタンスは人によってクローズ、オープンがいますけれど、クローズでも腰が真っすぐでクローズ。

オープンでも腰が真っすぐでオープン。これがすごく重要です。オープンになって腰もオープンになってしまうとバックスイングは上に上がってしまいますから。クローズになって腰は真っすぐだとスクエアにあがりますけど、こうなるとインサートに上がります。

ですから、基本的に大事なのはスタンス、膝、腰、肩のラインが常に同じ方向を向いた方がいいと思います。基本的に、そうしたほうがボールに対して常にスクエアに構えられるということですね。

肩が回らない人は多少クローズにして肩が回りやすくするとか、逆に体が硬いのでオープンにしても真上に上げると。これは人によって違いますけど、基本はスクエア、スクエア、スクエアですね。こういうことをまずテーマに、アドレスをしていただけるといいと思います。

クローズドスタンスに構えるときもオープンスタンスに構えるときも、腰はしっかりスクエアに。つまり、ボールの打ち出し方向と平行な位置にしてください。これが、腰を水平に回すための第一歩です。

ゴルフ テークバックのコツ

正しくアドレスができたら、クラブを振っていきましょう。

ここから始まるバックスイングですね。肩からゆっくりアゴの下まで入っていきます。できるだけ腰の高さまでノーコック、ここです。そこから体をひねりながらこのコックを使いますね。

高田プロの場合は体が柔らかいから回りますけど、一般のアマチュア、体が硬い人。このままでいいです。ここまで回れば十分です。背中が少し、カメラに向かって見えるように。ここまで見えると安定して飛距離もでます。

わかりました。ここからテークバックしてと…あれ、芹澤さん。左足のかかとは上げたほうがいいんですか?

バックスイングで上げるときに、ひねっててヒールアップより、左のかかとが浮くか浮かないかですね。これよく質問されます。人によって上がる方、上がらない方がいます。何が違うかっていうのは1番言えることはですね。

高田プロちょっとやってください。高田プロは、ヒールアップはしません。上げていってください。上がらないですね。それはなぜかというと、体の柔軟生があるからです。柔軟性がある方はここからひねっていっても上がらないです。僕は体が硬いですから、ここまでいって回そうとすると背中が痛いです。苦しくなります。

そのためここから右に体重移動するために、ヒールアップを使って1つの自分のリズムですね。フットワークです。体が硬い人っていうのは自然に上げていって、ここから回らなかったらヒールアップしてください。そうすると体ってもう1つ回りますよね。

ヒールアップっていうのは人によって違うので、ヒールアップしてる人がいい、ベタ足のほうがいい、全くないです。その人の体の硬さ、リズムの取り方ですね。しっかりと右にウエイト乗せれる人は自然とヒールアップする人も多いと思います。この場で軸で真っすぐ回れる人は絶対ヒールアップしないと思います。

テークバックでは、両肩とグリップでできた三角形を大事にしながら腰の高さまでノーコックで上げ、そこからコックを使って縦に上げていきます。トップの位置では右の股関節に体重をしっかり乗せていき、左肩をアゴの下まで回していきましょう。体のひねりが足りない場合は、左かかとをあげるヒールアップを取り入れてみてください。

ゴルフ トップの位置(切り返し)

スイングで、1番難しいポイント、切り返し。実はここに、芹澤メソッドならではのノウハウがあります。しっかりマスターしていきましょう。

ここからどうしても下を使わないで、こういう傾向が多いです。クラブを手で打つ。ではなく、ここを放っておいて、腰を先に回すんですね。こうです。ですからこのポイントが、今後テーマになると思いますが、バックスイングを上げて自分がトップスイングできたと思った時に、ここから先にこれを入れる。ここです。

もう1回いきますね。テイクバック。肩から全体に上げる。要するにこの肩から上げることが、体の安定感がありますからトップスイングできて、安定感があるから切り返しもできるんですね。こうです。これ切り返しです。これができると体っていうのは左にも向いてますから、一気にフォローまでいけるんですね。これが1番ポイントです。

なるほど。腰の回転で切り返すんですね。あれ、芹澤さん。腰の右と左、どっちを意識したほうがいいいんですか?

「右の腰からいったらいいの? 左の腰から回したほうがいいのか?」っていう、こうした質問が非常に多いです。これは、人によって違うんですね。自分の中では感覚が右にウエイトが乗りますよね。そのまま回そうとしたほうが回りやすい人。逆に右に乗ったものを左に乗せながら回しやすい人と、これは2種類にわかれます。

ですから、自分がやっていて、右に残ったまま右へ腰を回したほうが回しやすい人はそれで合ってます。逆に右に残って回そうとすると引けちゃうっていう人がいます。そういう人は自然に左へ乗る形になりますね。

ただ、右の股関節、左の股関節っていうのは交代になりますから、バックスイングしたこのリズムですけど、人によっては、右から回った方が左へ回りやすい。逆に左へ乗ったほうが回りやすいというのがあります。

ですから腰というのは歩く動作と一緒ですからバックスイングで右、フォローで左ですね。このリズムですね。これが一般のアマチュアの方、どうしてもバックスイングで左に上がってフォローで右にいきます。

こういう動きが多いですね。こうじゃなくて、こうですよね。この感覚です。人によって硬さも変わります。1つだけいえることはですね。ちょっとトップスイング上げてください。これは人にやってもらえばわかります。ここにこうしますよね。これを引っ張るときに、腰を回します。すごい引っ張られます。腰をずらしてください。力入るんです。

スライドするとこうして入らないですね。腰引いちゃって全く力入らないです。それを、自分の感覚で腰を…そうです! こうグッと、回すんですね。これを体感してほしいんですけど、回して脇を閉める。1回僕が見本を見せます。トップスイングから左の股関節にまず、ぐっと入れるんですね。入れるだけです。ここです。

これで、この軸の中で後は左にだけ引っ張ればいくらでも彼は前に行くんです。わざとやっているわけでもなんでもないですからね。これを体感してください。ですから、壁などがあったらこれを引っ張るんですね。力が入らないのがわかります。それをこのまま左の脇を閉めて腰を先に引っ張る。

そうすると、手の位置は全くズレないわけです。そうしてこのまま脇を閉めると人間が引っ張れます。こういう感覚を、誰か一緒にやられている方とやっていただければ、腰の回転が、右から回したほうが力が入る。左から回したほうが力が入る。これは人によって違いますが、これがわかると飛距離も10ヤード以上伸びます。ちょっとやってみてください。

トップからダウンスイングへの切り返しは、手はそのままで腰を先に回すようにしましょう。左腰を意識して回転させるのが一般的ですが、右腰で回ったほうがやりやすい人はそれでもかまいません。引っ張りあいっこで、腰で回る感覚を掴んでみてください。中心軸から腰がずれると、パワーが出ません。

ゴルフ スイング軸の作り方

軸を意識してスイングしてみましょう。

ドライバーを持った時、僕の考え方は、耳軸。右の耳と左の耳にあると思います。ですからバックスイングしたときはここの軸に乗っていいですね。バックスイングに上げていってください。ここまで動いていいってことです。

そして、少しビハインド・ザ・ボールなので残っていきますね。残ったまま上へいって、首1個の軸の中でスイングしてほしいです。アイアンは、首の付け根ですね。ここに、1本の軸があればいいと思います。

ですからこのままバックスイングに上げていって、この軸の中で回転する。体重移動がこっちまでいくことなく、首の付け根の中、1本の軸の中で、上げて回転する、ですね。ドライバーとアイアンのスイングバランスは少し変わってきますけど、やはりドライバーは1番飛ばすクラブです。ですからしっかり体重移動。

アイアンは体の中心の中で回転すれば方向性もいいですし運ぶクラブです。しっかりと自分の中で飛ばすクラブ、運ぶクラブっていうのを分けていただければスイング軸が1個と、太い。それがわかっていただければ、スイングもわかりやすくなると思います。

クラブの進化により、長尺になったドライバーは横振りになります。ドライバーのスイング軸のイメージは、左右の耳の幅。体重移動をしっかりして振りぬきましょう。アイアンのスイング軸は、首の付け根に1本のイメージ。ショットの方向性を優先させるため、体重移動は小さく、ボールをしっかり運びましょう。

管理人から

できるだけ早くゴルフが上手くなりたい!という人はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。
管理人の私が90を切れるようになった経緯が記されています。
ご興味のある方はどうぞ。

⇒ゴルフ上達の最短ルートについて詳しく見る

本編動画

 

そういうことか!上手くならない理由は単純だった。初心者、中級者に確実なゴルフ上達法を教えます

おすすめ,ゴルフ場,打ちっぱなし,初心者,人気,安い,上達

ゴルフ練習場のレッスンプロでは上達しない

細かいことが気になり、ネット検索をかけてゴルフ情報の収集ばかり。その結果、ゴルフは上達しましたか?私はダメでした。

言ってしまえば、ネットで情報を集めたりゴルフ練習場で専属レッスンプロに習うよりも、プロに教えているプロの懇切丁寧なレッスンDVDを見た方がずっと早く上達します。ゴルフとは、こんなに短期間で上達できるスポーツだったのか?というように、これまでの常識がひっくり返るはずです。

なぜなら、私自身がそうだったからです。私はゴルフレッスンに週1回、1年間通いました。しかし、一向に上達しない。

どこに飛ぶかわからない芝刈りだった自分のゴルフが、ほんの少し改善された実感は得られました。ですが、結局その程度です。

今では、90を切るのが基本で悪くても90後半そこそこでは回れるようになったのですが、これはゴルフ練習場のレッスン効果ではありません。ちょっと、信じられない人もいるかもしれませんが事実です。実のところ、ゴルフ練習場にいるレッスンプロは、

教え方が下手です。

怒られるかもしれませんが、事実なので仕方ありません。これは私だけでなく、プロゴルファーの兄も同じことを言っていますし、昔から日本の場合はこのケースが多く見られるそうです。

1年前、意を決してゴルフレッスンに通うことに

おすすめ,ゴルフ場,打ちっぱなし,初心者,人気,安い,上達

当時、私のゴルフの腕前は、「芝刈り」という表現がまさにピッタリでひどいものでした。10年以上頑張っているのに、100を切れることがほとんどない。兄にも呆れられていましたし、我ながらゴルフが嫌になりつつありました。

しかし、ひと昔前とは違い、ゴルフが大衆化され女性ゴルファーも増えたり、雰囲気も楽しくなってきたりとこのまま諦めてしまうのは悔しいと感じました。

近くに有名なゴルフ練習場があったこともあり、そこのプロに教えてもらおうと決心したわけです。「兄貴に教われ」と思われるかもしれませんが、そこはやはり兄弟なので色々あります。お察しください。

その練習場は、トーナメントプロの横田真一さんや、同じく何人かのトーナメントプロもいました。芸能人たちもよく利用しているような某有名練習場です。

当時は、専属のレッスンプロが4人もいて評判も上々ということもあり、3ヶ月の順番待ちで何とかスクールに潜り込むことができました。

一年間本気で頑張った・・・

それから1年間、毎週レッスンを受けて、それとは別に最低週1回、250発ぐらいは練習場で打ち込みました。それでも上手くならない。

正直に言えば、レッスンプロに教わりながら頑張れば頑張るほど自信を失っていきました。もちろん、そのときは「すべて自分にセンスが無いことが原因だ」と思っていました。悲しい。

出逢いと転機

ところがある日、レッスンプロにアドバイスしている人を発見しました。私を担当してくれていた専属レッスンプロを指導している人がいたということです。しかも、その方を見つけたときは丁度ランチタイムだったので一緒に食事することになったんです。今考えると、この出会いが私の転機になりました。

その方は基本的にプロを指導する先生であり、アマチュアには教えてくれません。驚くことに、ツアープロとしてはジャンボ尾崎と同期、日本PGAでも知る人ぞ知る人だったんですね。これには心底驚きました。

そして、昼食後はレンジに戻って練習を再開していたら、その方がこちらに近づいてきました。偶然、私は出口辺りに陣取ってたので、帰りに私のレンジ付近を通ったわけですね。

そして、一瞬立ち止まり、
彼に習ってるんだよね、そうだよね?
「もう1年近く教えてもらってます」

少し無言で間が空いたかと思うと、
立場上教えちゃいけないんだけど、こりゃほっとけない(笑 一球打ってみて
「え・・・はい」

・・・緊張でガチガチでしたが、私は言われた通り打ちました。

今までの苦労はなんだったのか

その3/2ぐらいのスイングでいいね。構えて、で、このまま引いて、バックスイングはここまで

あとは、打つんじゃなくて、元に戻すイメージ、これで3回素振りしてみて

よし、じゃあ、打ってみて

私は言われた通りに打ちました。緊張で硬くなっていたのですが、それでもまっすぐ飛んで、しかも力いっぱい振った時より飛距離も出た。信じられない瞬間でした。

このときは、なぜこんなに楽なスイングであれほど飛ぶのか全く理解できませんでした。しかもまっすぐ。その方は最後に、「今のを自然に出来るまでやるように」と言い残して立ち去られました。

とにかくまっすぐ飛ぶ。

そのあと、1時間ぐらい練習を続けました。ちょっとイヤらしく聞こえてしまうかもしれませんが、とにかく真っすぐ飛ぶんです。10発打つと8発は最後まで真っすぐです。何度打っても大体この精度を維持できるようになりました。

どちらかというと、かすかにドロー気味な弾道です。直されたのは、バックスイングの軌道を素直に、そして楽に。それとトップの位置だけ。

ところが、それで打つと私ではない別人のような打球。しかも、私の一番苦手なフェアウエーウッドの3番です。

教えてもらったのはわずか3分程度です。本当にそれだけで私のゴルフ人生が変わりました。

このとき初めて、ゴルフは勘違いのスポーツだと言われる理由が腑に落ちました。レッスンプロと教え方が全く違うし、指摘されたポイントも全然違う。だから上達しなかったのだと理解できました。

そこから、3ヶ月の間で一気にスコアが10ぐらい縮み、結果的に常時100を切れるようなゴルフになりました。

そのため、あの出逢いをきっかけにスクール通いもやめることにしました。

教えるのが上手なプロに習うこと、それが圧倒的な近道

あの経験で私が学んだことは結局、教えるのが上手いプロに習わないと上達しないということです。普段から素人に教えているプロと、ツアープロを指導しているプロでは視点が全く違います。考えてみれば当たり前のことですが、なかなか気が付かないことです。

スクールを辞める前、その先生と少しお話する機会があったのですが、やはり日本のレッスンプロは全般的に教えるのが下手だそうです。少し厳しい見方をすると、多くのレッスンプロはトーナメントに出られず飯が食えない人ですからね。

そう考えると、素人のシングルプレーヤーに指導してもらっても、良い結果は得られないことがよくわかります。旦那さんに教えてもらいてゴルフを始めた、というような奥様などはちょっと可愛そうかもしれません。

その先生の言葉で印象的だったのは、

ゴルフは教えるのが上手なプロに習うこと、それが圧倒的な近道だよ

そうは言っても、普通はそんな人に出会えないし、出会う環境すらないと思います。だったら、プロに教えるプロのレッスンDVDで練習するのが一番だということです。

ゴルフが心底好きなら必要経費

結局、私のゴルフはあの出会いをきっかけとして劇的に向上しました。ただ、そうは言ってもたった3分の奇跡の時間です。

正直、もしあの時と同じように学ぶことができればもっと上手くなれるのではないか?という欲求が溢れてしまいました。そこで、多くの時間をリサーチに費やした結果、最終的に辿り着いたのが、谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム、だったのです。

理由はシンプル、私が経験した奇跡をこのDVDからもう一度体験できると直感したからです。谷将貴さんは、多くのプロを指導するプロであり、片山晋呉プロを賞金王に導いたことで有名な実力者です。選ばない理由はありません。

金額は17,280円程度で、スクール代金より遥かに安いことも購入の決め手となりました。

やっぱり分かり易い

このDVDですが、私の場合はやはり正解でした。構成が理路整然かつスムーズなので、非常に理解しやすかったです。雑念は捨てて、素直に実践するのが良いと思います。

結局、ゴルフは中々上達しないものではなく、ゴルフをきちんと教えることができないレッスンプロが多すぎる、ということがネックなんだと思います。

ゴルフが上手くなると人生まで楽しくなった

DVDを見ればわかりますが、頭がとてもスッキリします。これまでの自分の間違った思考や新たな気付きなど、得られる価値は非常に大きいですし、やる気が沸き上がります。

私は前述した出逢いで100切りを達成し、谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムを実践して90切りをスタンダードレベルまで引き上げることに成功しました。

パーの取れるゴルフ、バーディーの狙えるゴルフは楽しいです。これからも本当の意味でゴルフをエンジョイしていきたいと思っています。

ちなみに、プロゴルファーの兄も谷将貴さんのDVDで学んでいるので、やはりレベルの高いものだと思います。
ぜひ、試してみてくださいね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

2017年11月追記:かなり凄い特典を付けました

このサイトから多くの人に、「谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム」DVDをご購入いただきました。そこで、感謝の意味を込めて今後は当サイト限定特典をお付けいたします。正直、金額に換算すると3万円では効かないほど奮発した特典です。

以下、特典内容

  • ゴルフは脳をダマすことで誰でも上手くなる /PDF19ページ
  • ゴルフで確実に達成できる目標設定のポイント /PDF15ページ
  • ゴルフ初心者必見:ぎこちないスイングを簡単に治すたった1つ方法 /PDF15ページ
  • ドライバーの飛距離が速攻アップするヒジの使い方 /PDF12ページ
  • ゴルフとは「確率のスポーツ」 /PDF14ページ

上記、5つの特典と「谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム」DVDを併用、実践することで確実にあなたのゴルフ歓は劇的に変化します。これまで抱いていた悩みや疑問などはすべて吹っ飛びますよ。

2017年12月追記

谷将貴さんのDVDを当サイト限定特典付きで購入した人たちから嬉しい言葉が多数届いています。その一部を記載しますので参考にしてみてください。

M.E様(神奈川県 男性)

「もやもやが晴れる思いでした!」

ウィークポイントと改善ポイントが明確になり感謝申し上げます。出来ていると思っていたことが全く出来ていないという事がわかり、もやもやが晴れる思いでした!帰宅して今までで、何度もアドレスの格好を確認しておりましたら家族に笑われました(笑)4年前までは、もうやる機会はないだろうと思っていたゴルフでしたが今は一番の趣味として復活したことを幸せに思っています。本当にありがとうございました。

A.K様(神奈川県 女性)

「的確なアドバイスでとても良くわかりました」

的確な解説やアドバイスでとても良く理解出来ました。練習でミスが出た場合、何に原因があったのか理解し、修正出来そうです。特典も最高です!

N.B様(東京都 男性)

「フェアウェイウッド、アイアンの当りはとても良く、一定の練習成果はあったと感じています」

「谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム」のおかげで、フェアウェイウッド、アイアンの当りはとても良く、一定の練習成果はあったと感じています。特にアイアンは、芯を食ったショットが多く、それ自体は良かったのですが、自分の想定以上に飛んでしまい、グリーン奥の難しいアプローチが残ってしまうこともしばしばでした。そして、今回の最大の収穫はパターでした。前回の自己ベスト33には及びませんでしたが、19-18の37パット。内1パットのホールが5ホールでした。そのほとんどが2m~3mでしたが、しっかり打てたことは自信になりました。実は3パット、4パットもあったのですが、ショートしたのは2回のみ、思ったところに打った結果なので、それはそれで納得しています。今後は、ドライバーの練習を増やして、余裕を持ってティーグラウンドに立てるようにしたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします。

A.N様(兵庫県 男性)

「練習場でこれまで届かなかった所に飛ぶようになり、最長を更新しました」

「谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム」DVDのドライバーレッスン後ですが、幾つか変化点がありました。(特典も大いに役立ちました)真っ直ぐに飛ぶ当たりが増え、左方向へ飛ぶ打球も出てきました(左プッシュアウト)。また、しっかり当たった時は明らかに飛距離が伸びています。練習場でこれまで届かなかった所に飛ぶようになり、最長を更新しました。良い場合のイメージをキープして上手固めしていきたいところです。ありがとうございます。

A.K様(神奈川県 女性)

「習得出来た後の自分を想像するのが楽しくて、地道に練習しております」

DVDレッスン、フィードバックありがとうございます。とても勉強になりました。間違ったアドレスが与える影響が理論的にわかりました。習得出来た後の自分を想像するのが楽しくて、地道に練習しております。練習しかないと思いますので、頑張ります!次回もよろしくお願い致します。

T.K様(東京都 男性)

「45+44=89を出せました」

お陰様で、昨日のラウンドで45+44=89を出せました。凄いです!ありがとうございます。

80台まで出している強者がいますね。凄いと思います。
あとは、やるかやらないか、ですね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

-ゴルフスイングの基本
-, , , ,

Copyright© おすすめゴルフ場&打ちっぱなし情報【ゴルフLABO】初心者・人気・安い・上達 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.